TimeSwitch

  1. TOP
  2. Related Album
  3. Revolution Member
  4. Syx Mil Breach(Skeletons)

BrownMark (ブラウンマーク)
Syx Mil Breach (Skeletons) (スケルトンズ)

Released: 2010/5/2 (Syx Mil Breach) 2012/2/15 (Skeletons) | Label: Syxsense

●List

  1. Truth Not Lies (4:17)
  2. Clutter (4:28)
  3. Stupid (don't be so) (3:29)
  4. My Baby Girl (4:44)
  5. Elementary (4:19)
  6. Paying The Price (3:50)
  7. I Hear Em Calling (4:30)
  8. Through Another Day (3:47)
  9. I Came To Get Down (4:16)
  10. No One Can Compares (4:14)
  11. Skeletons In My Closet (4:26)
  12. A Thousand Miles (3:50)
  13. I Need U (3:11)
  14. You (4:46)
  15. Lived Enough To Know (3:42) (Syx Mil Breachのみ収録)
●Produce, Arranger, Composed

Brownmark

●Aditional Musician

Eric Calderone (guitar)

ブラウンマーク名義では'89年の「Good Feeling」以来21年振り。
正確には'02年にCrypticというユニットで「It's Been A While」というアルバムをリリースなので8年振りになります。

2つ折りの簡素なブックレットなので詳細は不明ですが、ブラウンマークによるセルフ・プロデュース作と言う事と一部ギター・ソロ・パートをEric Calderoneが参加しています。
激しいギターとベースが交錯するハード・ロック・ナンバーの"Truth Not Lees"からスタート。
メロディアスなシンセのリズムと激しいベースが特徴的な"Clutter"、グリーン・ディみたいなロック・ナンバーの"Stupid (don't be so)"と、前作まではR&Bテイストを基本としてましたが、今作では一転してロック・テイスト溢れた作品になっています。
他にも切々と歌うバラード・ナンバーの"My Baby Girl"、ファンク・ロックの"Elementary"、中東っぽいリズムに乗せてラップを披露する"Through Another Day"、"If I Was Your Girlfriend"ぽいフレーズとプリンスみたいなファルセットを披露する"I Came To Get Down"、DVの事を歌った"Skeletons In My Closet"等、興味深い楽曲もあります。

【補足】
現在は「Syx Mil Breach」ではなく「Skeletons」と名前を変えてリリースされています。
「Syx Mil Breach」のアートワーク

Syx Mil Breach