Rock Candy Funk Party (Renato Neto) (ロック・キャンディ・ファンク・パーティ)
We Want Groove (ウィ・ウォント・グルーヴ)

Released: 2013/1/29 | Label: J&R Adventures

●List

  1. Octopus-e (4:39)
  2. Spaztastic (5:50)
  3. Ode To Gee (8:05)
  4. We Want Groove (6:10)
  5. The Best Ten Minutes Of Your Life (10:36)
  6. Animal/Work (7:14)
  7. Dope On A Rope (3:47)
  8. Root Down (And Get It) (5:00)
  9. New York Song (15:40)
●Member

Joe Bonamassa (guitar)
Tal Bergman (drums)
Ron DeJesus (guitar)
Mike Merritt (bass)
Renato Neto (keybords)

ブラジル生まれのレナート・ネトは地元でセッション・ミュージシャンとして活躍。その後シーラ・Eと出会い彼女の「Writes Of Passage」や「Heaven」に参加しました。
ロンダやラッドと同じくレナートもシーラから紹介されキップ・ブラックシャイアーの代わりにキーボード担当として'02年にNPG加入。アルバムでは「One Nite Alone...Live」から参加しています。

’12年に脱退後、Joe Bonamassa (g)を筆頭に、Tal Bergman (d)、Ron DeJesus (g)、Mike Merritt (b)、Renato Neto (k)と、一流のミュージシャンで結成されたジャズ・ファンク・ユニット”ロック・キャンディ・ファンク・パーティ”を結成。
デビュー・アルバムとなった本作は、疾走感のある"Spaztastic"やファンキーな"Ode to Gee"やタイトル・トラックの"We Want Grooove"からラストの"New York Song"迄、どの曲もアルバム・タイトル通りグルーヴ感満載のアルバムです。

^