1. TOP
  2. Related Album
  3. NPG Member
  4. Kip Blackshire

Kip Blackshire (キップ・ブラックシャイアー)
The Eleventh Hour (エレヴェンス・アワー)

Released: 2005/11/1 | Label: Fs Music

●List

  1. I Got What U Need (4:14)
  2. Dying of Old Age (4:15)
  3. I'ma Make U Beg (4:04)
  4. Diamond 'n Da Ruff (4:36)
  5. I Will Wait 4 U (4:18)
  6. Emotional High (4:00)
  7. Flying (new Version) (4:41)
  8. As It Falls (new Version) (5:31)
  9. Pieces (new Version) (3:56)
  10. Prelude (new Version) (4:35)
  11. Touchin' & Agree'n (Live @ Paisley Park) (4:29)*
  12. Don't Leave (Live @ Paisley Park) (3:55)*
  13. Wait a Minute (2:57)
●Produce, Arranged

Kip Blackshire
Karl Preusser (String Arrangements) (7)

●Written

Kip Blackshire
Kip Blackshire, Wade Linkert, Kyle "Keymaster" Wood (2)
Kip Blackshire, Kyle "Keymaster" Wood (7)
Kip Blackshire, Justin Blair, Morris Hayes (9)
Kip Blackshire, Wade Linkert (11)
Zoe LaPlaca (Lyrics) (3-10,13)

●Musician

Kip Blackshire (guitar,keyboards,Hammond organ,Piano,bass)
Kirk Johnson (drums) (2,5,6,10)
Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (keyboards) (9,11,12)
Troy Norton (guitar) (3,4)
Lance Sabin (guitar) (10)
Kyle "Keymaster" Wood (guitar) (2,5,6-10) (vocal) (7)
Serge Akou (bass) (2,5,6,8,9)
Jimmy Anton (bass) (3,4)
Justin Blair (bass,guitar) (9-12)
Chad Elliot (drums) (7,8,9,11,12)
Billy Thommes (drums) (3,4)
Tracy Morgan (guitar) (11,12)
Russell King (keyboards) (11,12)
Jeff Crandall (chorus)
Raphael & Brandon (rap) (1)

’04年にリリースしたデビュー・アルバム「Kip Blackshire」から約2年振りの2ndアルバムです。

アルバムにはモーリス・ヘイズ、カーク・ジョンソンといったNPGメンバーに加え、ST・ポール・ピーターソンのアルバムに参加したトロイ・ノートンやボビー・Zと親交のあるランス・サビーン等が参加しています。

構成は前半6曲とラストの"Wait A Minute"に新曲、7~10は「Kip Blackshire」に収録された楽曲がニュー・エディションとして再録されています。
ゴスペルの様なハンド・クラップとノイジーなギター・サウンドが特徴的な"I Got What U Need"からスタート、前半のシンプルなリズムとグラインドする中盤のサウンドがレトロ・チックな"Dying of Old Age"、ファンク・ロックの"I'ma Make U Beg"、レッチリとか好きな方に受けそうな”Diamond 'n Da Ruff”、そして’00年代のプリンスの流れに沿った雰囲気を醸し出す"I Will Wait 4 U"等バラエティ豊富な構成です。

新録ではオリジナルより2分程長くなった"As It Falls"が大きく変わりましたが、他は微妙にアレンジが変わってる程度です。
また今回も前作に収録されたペイズリー・パークでのライブ音源が収録されてますが、タイトルから”Prince”の名前が消えています。

^