Adrian Crutchfield (エイドリアン・クラッチフィールド)
Leap (リープ)

Released: 2017/1/12 | Label: Adrian Crutchfield

●List

  1. Intro (1:36)
  2. Leap (4:11)
  3. Mr. Right (3:46)
  4. Can't Let You Go (3:58)
  5. Decepticon (3:56)
  6. Let Me Know (4:03)
  7. Morning After (4:06)
  8. Now I See (3:26)
  9. Slow Down (Intro) (0:39)
  10. Slow Down (for Prince) (4:36)
  11. Sorry (3:37)
  12. Can You Stand the Rain (3:51)
  13. Purity (4:09)
  14. Interview (1:33)
  15. Give Love (Now and Then) (4:39)
●Produce, Arranged, Written

Adrian Crutchfield

●Musician

Adrian Crutchfield (Voocal all songs, Alto Sax, Keyboords, Keybass, Drum Prg)
Chris Turner (Voocal) (3,6,12) (Keyboords) (15)
Joe Priester (Voocal) (3)
Katera Anderson (Voocal) (11)
Antonio "Lelo" Bowers (Voocal) (12)
Charles Jones (Voocal) (15)
Jason And Jyaer Gonzoles (Voocal) (14)
William Washington (aka. B.A.) (Rap) (14) (Vocal) (15)
Matt Edwards (Keyboords) (2, 5) (Drum Prg)
Evan Brice (Keyboords) (3,4)
CJ Thompson (Keyboords) (3, 4) (Drums) (15)
Kenneth Leonard (Keyboords) (5)
Jay Reese (Keyboords) (7)
Jonny Gung (Guitars) (all)
Carmelo Smith (Guitars) (3, 4)
Tarik Akune (Guitars) (7)
Chris James (Guitars) (10)
Koknosh Lismon (Bass) (13)
Danny Rodrigues (Bass) (13)
Kenny Leonars (Keybass)
Chris Kee (Drums) (15)
Daniel Rodriguez Jr (Drums) (12, 13)
Ashanti Floyd (Violin)
Marcus Anderson (Alto & Tenor Sax)
Marcus Jones (Tenor Sax)
Paul Fisher (Bari Sax)
Lucas Hulett (Tromone)
Eleazar Shafer (Trumpet)


エイドリアンはフロリダ州立大でジャズを専攻、卒業翌年となる'09年にPrivate Partyでデビューを果たします。
子供の頃に出会ったケニー・Gの影響が感じられるスムース・ジャズに加え、ソウルやヒップ・ホップを融合させた感じで、"Dream Girl"ではラップを披露する等、単なるサックス・アルバムと違う趣のあるアルバムでした('-')

その後、2012年に"NPG Hornz"に参加。この頃のホーン隊は、3RDEYEGIRL結成辺りの2013年辺りから活躍。
2013年のモントルー・ジャズ・フェスティバルではホーン隊が大々的にフューチャーされたライブでした。
近年では先日書いたモノネオン(Bass)、カーク・ジョンソン(D)、そしてプリンス(Key,G)、が参加した"Ruff Enuff"にサックスとトーク・ボックスを使ったヴォーカルの2パターンで参加。 数多く在籍していたホーン隊の中でヴォーカルまで任せられるという事でプリンスからも一目置かれてた存在だと思います('-')

詳細は後日追記

^