Kat Dyson (キャット・ダイソン)
Colour Kommentary (カラー・コメンタリー)

Released: 1998/10/15 | Label: Harpstrings Music Group

●List

  1. Love In Da Middle (4:25)
  2. Feel Something For Me (3:36)
  3. As Tears Go By (4:30)
  4. U Know What I Like (4:16)
  5. T.O.D.A.T.A.W.A.N. (4:08)
  6. Motherless Child (3:59)
●Produce, Arranged

Kat Dyson (4,5)
Kat Dyson, Jan Pulsford (1,2,3,6)

●Written

Kat Dyson

●Musician

Kat Dyson (guitar,vocal,synthesizer)
Chris Kent (bass) (1,2,3)
D.blair (drums) (1)
David Schnaufer (dulcimer) (2,3)
Jim Hillman (drum) (4)
Dave Edmead (piano) (4)
Kenny Person (hammond B3 Organ) (4)
Assar Santana (percussion) (5)
Daniel Bellegarde) (percussion) (5)

カット・ダイソンは'97~'99年までNPGに在籍していたギタリストです。
加入前はユーリズミックスのデイヴ・スチュワートやジギー・マリー、ジョージ・クリントン等、幅広いジャンルのアーティストのバックで活躍。
彼女がプリンスと出会ったのはロンダと同じくシーラ・Eからの流れで、アルバムでは「Crystal Ball」の「The Truth」に参加しています。

詳細は後日追記

^