TimeSwitch

Martika (マルティカ)
Martika's Kitchen (マルティカズ・キッチン)

Released: 1991/8/27 | Label: Columbia Records

●List

  1. Martika's Kitchen (5:09)*
  2. Spirit (4:38)*
  3. Love...Thy Will Be Done (5:02)*
  4. A Magical Place (4:41)
  5. Coloured Kisses (4:37)
  6. Safe In The Arms Of Love (5:09)
  7. Pride & Prejudice (5:12)
  8. Take Me To Forever (4:35)
  9. Temptation (4:46)
  10. Don't Say U Love Me (4:24)
  11. Broken Heart (4:33)
  12. Mi Tierra (4:37)*
●Produce, Arranged

Prince (as Paisley Park) (1-3,10)
Christopher Max (4)
Clivillés & Cole (5)
Bob Rosa (6)
Frankie Blue,Les Pierce (7-9,11)
Joe Galdo (12)

●Written

Martika
Prince, Frankie Blue, Martika and Levi Seacer, Jr. (2)
Prince and Martika (3,10)

●Guest

Prince (all instruments) (1-3,10)
Paul Pesco (guitar) (1,10)
C.J. Vanston (additional organ) (1) (additional synthesizer) (3)
Marlen Landin (background vocals) (1)
Tony M. (rap) (1)
Rahsaan Patterson (background vocals) (2,3,10)
Fred McFarlane (keyboard programming & arrange) (2)
Marlen Landin (background vocals) (2)
Christopher Max (background vocals) (2)
Cindy Mizelle (background vocals) (2)
Karen Bernod (background vocals) (2)
Steve Real (background vocals) (2)
Audrey Wheeler (background vocals) (2)
David Frank (keyboard programming) (10)


'88年のデビュー・アルバム「Martika」に収録された青少年のドラッグ問題を提起した"Toy Soldiers"でリアリティの歌詞でアイドルと一線を画したマルティカ。
そんな彼女が3年後にリリースされた2ndアルバムでは、C&Cミュージック・ファクトリーのクライヴ&コールやマドンナのリミックスを手掛けるボブ・ロッサといった人気プロデューサーに加え、プリンスを迎える事でよりアーティストとしての高みを目指した作品になりました。

90年代のプリンスは自身のレーベル以外のアーティストにも積極的に楽曲を提供・プロデュースしていきましたが、1つのアルバムで4曲も提供したのはエリサ・フィオリオの「I Am」以来、しかも4曲中3曲にマルティカが共作さでクレジットされるという事はプリンス自身も彼女との仕事た楽しかったと思われます。

注目は"Love...Thy Will Be Done"で、マルティカが基本的な歌詞を書きプリンスに渡し数日後にデモをプレゼントされたと言われる一曲で、'94年に制作されたいNPG名義の「Exodus」のプロット版でソニー・Tがヴォーカルで収録されたり、プリンス自身がライブでカヴァーする程お気に入りの一曲となりました。