TimeSwitch

Janelle Monáe (ジャネール・モネイ)
The Electric Lady (ザ・エレクトリック・レディ)

Released: 2013/9/10 | Label: Bad Boy Records

●List

  1. Suite IV: Electric Overture (1:37)
  2. Givin Em What They Love (4:26)*
  3. Q.U.E.E.N. (5:10)
  4. Electric Lady (5:09)
  5. Good Morning Midnight (1:23)
  6. Primetime (4:40)
  7. We Were Rock & Roll (4:19)
  8. The Chrome Shoppe (1:10)
  9. Dance Apocalyptic (3:25)
  10. Look Into My Eyes (2:19)
  11. Suite V: Electric Overture (2:20)
  12. It's Code (4:05)
  13. Ghetto Woman (4:47)
  14. Our Favorite Fugitive (1:23)
  15. Victory (4:13)
  16. Can't Live Without Your Love (3:54)
  17. Sally Ride (4:08)
  18. Dorothy Dandridge Eyes (4:16)
  19. What An Experience (4:56)
  20. Q.U.E.E.N. (wondamix) (5:23)(日本盤ボーナス・トラック)
  21. Electric Lady (dungron-wondmix) (5:09)(日本盤ボーナス・トラック)
●Executive Producer

Chuck Lightning
Janelle Monáe
Nate Wonder
Sean "Diddy" Combs

●Co-Executive Producer

Antwan "Big Boi" Patton

●Written

Roman GianArthur, Charles Joseph II, Janelle Monáe (1)
Terrence Brown, Charles Joseph II, Dr. Nathaniel Irvin III, Janelle Monáe (2,10)
Roman GianArthur, Charles Joseph II, Dr. Nathaniel Irvin III, Kellis Parker Jr., Janelle Monáe (3,7,17)
Roman GianArthur, Charles Joseph II, Dr. Nathaniel Irvin III, Janelle Monáe (4,12,16,18)
Chuck Lightning (5,8,14)
Roman GianArthur, Charles Joseph II, Dr. Nathaniel Irvin III, Miguel Pimentel, Janelle Monáe (6)
Charles Joseph II, Dr. Nathaniel Irvin III, Janelle Monáe (9,13,15,19)

●Guest

Prince (guitar, background vocals) (2)
Erykah Badu (vocals) (3)
Solange (vocals) (4)
Miguel (vocals) (6)
Esperanza Spalding (vocals,bass) (18)

エグゼクティヴ・プロデューサーにはジャネール、ネイト、チャックの3人で作った自主レーベル”ワンダーランド・アーツ・ソサエティ”にショーン”ディディ”コムズが参加。
コ・プロデュースにはアウトキャストのビッグボーイという前作同様の構成。
制作陣は変わりませんがゲストには先行シングル"Q.U.E.E.N."で参加したエリカ・バドゥを筆頭にプリンス、ミゲル、ビヨンセの妹ソランジュ、エスペランザ、そしてシー・ロー・グリーンと豪華絢爛です。

プリンスが参加した"Givn Em What The Love"はプリンスをゲストに迎えるのを前提に作られた曲という印象が強いです。
彼がプロデュースするアーティスト以外でゲスト・ボーカル&ギターで参加するのは久し振りで、この事からもジャネールの才能に惚れてるかと思います。

この他、女性パワー漲るソランジュが参加したタイトル・トラック"The Electric Lady"、2ndシングルでキャッチーな"Dance Apocalyptic"、4章ラストとなる007のサントラを連想させる様な"Look Into My Eyes"から5章へと繋がる"Suite V:Electric Overture"等どれも良い感じです。
前作同様、インタールードで物語の様に変化させ、色んなジャンルの詰め合わせた作品に仕上がってるので1曲1曲というよりは1枚で楽しむ感じのアルバムです。

本作には収録されていませんが、後に”Q.U.E.E.N.”のプリンス・リミックス (3:40)も公開されました。