TimeSwitch

  1. TOP
  2. Related Album
  3. Prince Works(90s)
  4. Things Left Unsaid

Eric Leeds (エリック・リーズ)
Things Left Unsaid (シングス・レフト・アンセッド)

Released:1993/2/23 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

●List

  1. Isla Mujeres (6:05)
  2. Two Sisters (7:28)
  3. Things Left Unsaid (6:57)
  4. Aguadilla (6:38)*
  5. Woman In Chains (5:45)
  6. Times Gift (4:09)
  7. Yaounde (5:46)
  8. Soldier's Things (4:32)
  9. Commuting (5:42)
●Produce, Arranger, Composed

Eric Leeds, Gil Goldstein
Matt Pierson (co producer)
Alan Leeds (executive producer)
Prince, Eric Leeds (Composed) (4)

●Written

Eric Leeds
Roland Orzabal (Tears For Fears) (5)
Tom Waits (8)

●Musicians

Ricky Peterson (piano) (4)
Alphonso Johnson (bass) (1,9)
Conrad Herwig (Trombone) (1)
Brian Lynch (Trumpet, Flugelhorn) (1)
Charlie Sepulveda (Trumpet, Flugelhorn) (1)
Chuck Loeb (guitar) (1,6)
David Budway (piano) (1,2,6,8,9)
Richard Martinez (synthesizer) (1,2,9)
Alejandro Acuna (drums,timbales,congas,percussion) (1,2,3,6,7,8,9)
Mino Cinelu (percussion) (2)
Gil Goldstein (synthesizer) (2,5,6,9)
Larry Fratangelo (percussion,congas,timbales) (3,4,5)
Christopher Walker (bass) (3,4,5)
Dennis Chambers (drums) (4,5)
Lyndon Achee (steel drums) (4)
Conrad Herwig (trombone) (4)
Brian Lynch (trumpet) (4)
Charlie Sepulveda (trumpet) (4)
Jeffrey Mirinov (guitar) (5)
Jimi Tunnel (guitar synthesizer) (5)
Porter Carroll, Sharon Bryant, Sherilyn Huffman, Vanesse Thomas (vocal) (5)
Paul Socolow (bass) (6)
Alphonso Johnson (chapman stick) (7,8)
Mino Cinelu (vocals,percussion) (7)

前作から2年振りにリリースされた本作。
プロデューサーにはエリック本人に加え、アメリカのジャズ・ピアニスト、ギル・ゴールドスタインが参加。
ミュージシャンにはプリンスのアルバムに参加しているリッキー・ピーターソンが参加していますが、ベーシストのアルフォンソ・ジョンソンや元アトランティック・スターのシャロン・ブライアント等、前作よりもプリンスと距離を置いた作品になっています。

控えめなコンガのイントロに乗せてスパニッシュ・テイストに溢れた穏やかなサウンドが心地良い"Isla Mujeres"、アルフォンソ・ジョンソンの作曲によるジャズ・ファンクの"Two Sisters"、一転してしっとりと哀愁ある雰囲気を醸し出すタイトル・トラックの"Things Left Unsaid"、本作で唯一プリンスが作曲に関わった"Aguadilla"は後の"Xpectation"を連想させる作風です。
異色なのはティアーズ・フォー・フィアーズの"Woman in Chains"とトム・ウエイツの"Soldier's Things"のカヴァー。
どちらもアルバムのバランスの中では問題ないのですが、"Woman in Chains"はオリジナルが耳馴染み過ぎてチョット抵抗がありました。

エリックはプレイヤーとしてモチロン素晴らしいですが、この作品で改めてアレンジャーとしての才能が光るアーティストだと実感出来ると思います。