TimeSwitch

Carmen Electra (カルメン・エレクトラ)
Carmen Electra (カルメン・エレクトラ)

Released:1993/2/29 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

●List

  1. Go Go Dancer (4:45)*
  2. Good Judy Girlfriend (1:59)*
  3. Go On (Witcha Bad Self) (4:09)*
  4. Step To The Mic (3:16)*
  5. S.T. (4:03)*
  6. Fantasia Erotica (4:36)*
  7. Everybody Get On Up (4:01)*
  8. Segue (0:29)*
  9. Fun (3:42)*
  10. Just A Little Lovin' (4:02)*
  11. Segue (0:46)*
  12. All That (4:29)*
  13. Segue (0:12)*
  14. This Is My House (3:28)*
●Produce, Arranger, Composed

Prince
Keith "K.C." Cohen (co-producer) (3,9,10,12,14)
Junior Vasquez (co-producer) (5,6)

●Written

Prince (2)
Prince, Tony M. (10)
Prince, Tony M., Carmen Electra (1)
Prince, Carmen Electra (6,9,12)
Prince, Carmen Electra, Monie Love (7)
Prince, Monie Love, Levi Seacer, Jr. (4)
Tony M., Levi Seacer, Jr. (3)
Carmen Electra, Tony M. (5)
Carmen Electra, Levi Seacer, Jr. (13)

●Musicians

Prince (all instruments) (1,2,4-12)
Levi Seacer, Jr. (all instruments) (3,14) (guitar) (4,7,10)
Eric Leeds (saxophone) (3,9,11) (sample "Adore") (12)
Michael B. (drums) (4,7,10)
Sonny T. (bass guitar) (4,7,10)
Tommy Barbarella (keyboards) (4,7,10)
Rosie Gaines (keyboards) (4,7,10)
Tony M. (vocals) (4,5,10)
Atlanta Bliss (trumpet) (sample "Adore") (12)
Monie Love (vocals) (4,7)
Kathleen Johnson (vocals) (1)
Michael B. Nelson (trombone) (4,5,7,10)
Steve Strand (trumpet) (4,5,7,10)
Kathy J. (baritone sax) (4,5,7,10)
Dave Jensen (trumpet) (4,5,7,10)
Brian Gallagher (tenor sax) (4,5,7,10)
Damon Dickson (vocal) (5)
William 'Diamond J.' Graves (scratches) (7)
The Steels (Fred,JD,Jearlyn,Jevetta Steele) (background vocals) (9,14)
Keith "K.C." Cohen (guitar, keyboards) (14)
Ohio Players (sampled) (5)

シンシナティのシャロンヴィル(オハイオ州)生まれのカルメンは高校卒業後にカリフォルニアに引っ越し、そこでプリンスと出会い"カルメン・エレクトラ"として活動を開始します。
"Paisley Park Records発のアーティスト"としてはイングリッド・シャベイスの「May 19 1992」以来となる本作は、当時プリンスがハマってたラップを取り入れたアルバムになりました。

ソングライトにはカルメンの他に当時のNPGのメンバーだったリーヴァイ・シーサー,Jr.やトニーM、'93年にプリンスから楽曲提供を受けたモニー・ラヴ等が参加しています。
脇を固めるミュージシャンにはNPGのメンバー以外のも、スティールズ、アトランタ・ブリス、エリック・リーズとペイズリー・パーク関連でガッチリとフォローされている辺り、いかにプリンスがカルメンに力を入れていたか判ります。

バレエ経験がありマイナーながら10代の頃から振付師として活動していただけの事はあり、自身の魅力を最大限に表現するパフォーマンスの"Go Go Dancer"はデビュー・シングルとは思えない貫禄がありました。
他にも激しいサウンドとエリックのサックスの緩急が絶妙な"Go On (Witcha Bad Self)"、モニー・ラヴがバックを務めた単調ながら耳に残るグルーヴの"Step To The Mic"、オハイオ・プレイヤーズのカヴァー"S.T."、The Esquiresのネタを使った"Everybody Get On Up"等、どれもノリがあって良いです。
また、'88年頃から90年始めまでプリンスが付き合っていた彼女アナ・ファンタスティック(Anna Fantastic)の為に作った"Fantasia Erotica"がカルメン・バージョンとして正式リリースされました。

アルバム・リリース後はあっさりプリンスの元を離れ、米テレビシリーズ『ベイウォッチ』を筆頭に『最終絶叫計画』シリーズや『ほぼ300』等、女優として活躍。
またプッシーキャット・ドールズとパフォーマンスしたり、「セクシー・ボディ・レッス」でセクシー・ダンスを取り入れたエクササイズのビデオをリリースしたりと、現在もセクシー路線全開で活躍しています。