TimeSwitch

  1. TOP
  2. Related Album
  3. Related Artist
  4. ST. Paul

ST. Paul [Paul Peterson] (セント・ポール)
ST. Paul (セント・ポール)

Released: 1987 | Label: MCA REcords

●List

  1. Rich Man (5:35)
  2. Can't Get Enough (4:55)
  3. Soul Touch (4:26)
  4. I Can't Believe Were Through (5:25)
  5. 911 (Emergency Love) (4:12)
  6. Sensation (6:10)
  7. Too Well (4:22)
  8. Intimacy (4:59)
●Executive Produce

Dan Brennan

●Produce, Arranged

Ricky Peterson
ST. Paul (Paul Peterson)

●Written

ST. Paul,Oliver Leiber (1,8)
St. Paul, Monte Moir (2)
St. Paul, Bunny Hull, Jeff Lorber (3)
St. Paul (4-7)

●Musician

ST. Paul (Keyboards, Bass Guitar, Drum, Back Vocal)
Ricky Peterson (Moog Bass, Backing Vocals) (5,8)
Billy Peterson (Bass) (4)
Jason Peterson (Keyboards) (4)
Jeanne Arland Peterson (Keyboards) (4)
Patty Peterson (Back Vocal) (2,5,6-8)
Linda Peterson (Back Vocal) (6,7)
Monte Moir (Co-producer, Keyboards) (2)
David Sanborn (Saxophone) (4.6)
David Eiland (Sax) (2)
Bunny Hull (Co-producer, Keyboards, Back Vocals) (3)
Jeff Lorber (Co-producer, Keyboards, Synth Program) (3)
Dann Huff (Guitar) (3)
Hiram Bullock (Guitar) (5,7,8)
Shaun LaBelle (Bass) (8)
Gordon Knudson (Drums) (4)
Bruce Allard,Carolyn Daws,Dale Newton,Evelina Chao,Frank Lee,Hanley Daws,Hyacinthe Tlucek,Marcia Peck,Roger Frisch,Romuald Teco,Stanley Atkins,Susie Allard (Strings) (4,8)
Dan Johnson (Back Vocal) (1)
Doug Johnson (Back Vocal) (1)
Jearlyn Steele-Battle (Back Vocal) (2,6-8)
Lucia Newell (Back Vocal) (6,7)

ザ・タイム解散後、残されたメンバー+αで新たに作られたユニット”ザ・ファミリー”
"Nothing Compares 2 U"を始め、名曲が数多く収録され”Paisley Park Records”第一弾アーティストとして華々しいデビューを飾るハズでしが、アルバムをリリースする頃には解散してしまいます。
メンバーの内、スザンナ・メルヴォワン、エリック・リーズ、ジェローム・ベントンは映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』の制作の為パリに移動。
蚊帳の外の状態になったセント・ポールはプリンスに電話で不満をぶつけるも解消されず、状況を打開する為にMCAと契約しソロ転向を図ります。
この移籍に怒ったプリンスは契約違反という事で訴訟を起こす騒動があったものの解決、ザ・ファミリーから2年後の'87年、ついに念願のソロ・デビュー・アルバムをリリースします。

プロデューサーには、プリンスやデヴィッド・サンボーンのアルバムに参加していた兄のリッキー・ピーターソンと共同制作。
ゲストにはザ・タイムの盟友モンテ・モアの他、これ以降活動を共にするタ・マラ&ザ・シーンのオリバー・リーバーといったミネアポリス勢の他、ジェフ・ローバーやナラダ・マイケル・ウォルデンにも提供したバニー・ヒル等、レーベル側の協力を得たソングライターも参加しています。

ミュージシャンには、先のリッキーの他に、ビリー、ジェイソン、ジーン、パティ、リンダとピーターソン一家総動員!
他にデヴィッド・サンボーン、ダン・ハフ、スティールズ達もバックアップしています。

ザ・タイムではキーボード、ザ・ファミリーではヴォーカルを担当していたポールですが、リッキーを始め兄弟そして両親共に音楽一家に育ったサラブレッドで、ギター、ベース、キーボード、ドラムとプリンスの様なマルチ・プレイヤーで不遇時代を一蹴する様に演奏、オリバーとの共作で先行シングルの"Rich Man"はミネアポリス・サウンド全開のダンス・チューンを披露。

この他、ジャネット・ジャクソンのプロデューサーとして活躍たモンテ・モアとポール・ピーターソンによるザ・タイムの新旧キーボード共演による"Can't Get Enough"、デヴィッド・サンボーンのサックスが華を添える名バラードの"I Can't Believe Were Through"とファンキーな"Sensation"、姉パティとの共作でパティとジャーリン・スティールによるコーラスがアーバン感を醸し出す"Intimacy"と80年代のR&Bテイストを色々ミックスしたデビュー作となりました。