TimeSwitch

  1. TOP
  2. Related Album
  3. Prince Works(80s)
  4. Ice Cream Castle

The Time (ザ・タイム)
Ice Cream Castle (アイスクリーム・キャッスル)

Released: 1984/7/9 | Label: Warner Bros.

●List

  1. Ice Cream Castles (7:33)*
  2. My Drawers (4:04)*
  3. Chili Sauce (5:45)*
  4. Jungle Love (5:29)*
  5. If The Kid Can't Make You Come (7:33)*
  6. The Bird (7:40)3*
●Produce, Arranged

Morris Day & The Starr Company (Prince)

●Written

Prince(as Jamie Starr), Morris Day (credited Morris Day)
Prince, Jesse Johnson, Morris Day (credited Morris Day and Jesse Johnson)
Prince, Jesse Johnson, Morris Day (credited Morris Day)

●Member

Morris Day (lead and background vocals)
Jesse Johnson (guitar And background vocals)
Jerome Benton (percussion and voice)
Jellybean Johnson (drums)
Paul Peterson (keybords,background vocals)
Jerry Hubbard (bass and voice)
Mark Cardenas (keybords,background vocals)

●Musician

Prince (all background vocals and instruments)
Sharon Hughes (voice) (3) (background vocals) (5)
Novi Novog (violin) (3)

プリンスの映画「Purple Rain」にプリンス演じるキッドのライバルとして登場したザ・タイム。このアルバムはその映画で歌われた曲を中心に構成されたアルバムです。
このアルバムでは、今や重鎮とも言えるプロデューサーのジミー・ジャム&テリー・ルイスがSOSバンドのプロデュースをした為に'82年のライブに遅れた事でプリンスが彼らを解雇、翌'83年にはキーボードのモンテ・モアも脱退した為、後にザ・ファミリーのメンバーになるポール・ピーターソンとジェローム・ベントン、そしてマーク・カナディナス、アレクサンダー・オニールと仕事をしていたジェリー・ハバートが新たにメンバーとして補充されています。

これ迄のアルバムとの違いとしては、楽曲こそプリンス(実際にはStarr ★ Companyという偽名で表記)がしているものの、今回からは各メンバーが実際に楽器を演奏し歌い、モーリス・デイとクレジットには記載されていませんがジェシー・ジョンソンがプロデュースを行ったと言われています。
この様な状況下の中で映画とほぼ同時進行だった今作は、映画でも観られるモーリスとジェロームの滑稽なパフォーマンスやお洒落なサウンドで、アルバムとしては過去3枚の中ではトップの売上げ、全米チャート24位ゴールド・ディスク獲得する程の売れ行きでした。
前述の通り楽曲をプリンスが作っている為、どの曲もこの当時のプリンス・サウンドが色濃く残っていますが、バンド形態をとる事で全体の広がりが増しています。特に"Jungle Love"や"The Bird"等のダンサブルなファンク・ナンバーでの盛り上がりはプリンスを凌駕する程の勢いでした。
ただバンドとプリンスの溝を修復する事はできず、このアルバム発表直後には解散したと言われています。
もしジャム&ルイス達が残ってずーっと活動していたらプリンスと同等、もしかするとそれ以上の人気グループになっていた可能性もあります。そう思うと残念でしかたがありません。
余談ですがこの"Jungle Love"と"The Bird"は2000年に行われたTLCの地元アトランタでのライブでちょっとだけ演奏されていました。