TimeSwitch

Candy Dulfer (キャンディ・ダルファー)
Sax-A-Go-Go (サックス・ア・ゴー・ゴー)

Released: 1993/3/1 | Label: Ariola, BMG

●List

  1. 2 Funky (4:50)
  2. Sax-A-Go-Go (4:55)
  3. Mister Marvin (5:34)
  4. Man In The Desert (5:35)
  5. Bob's Jazz (4:52)
  6. Jamming (5:23)
  7. I Can't Make You Love Me (4:32)
  8. Pick Up The Pieces (4:13)
  9. Compared To What (5:57)
  10. Sunday Afternoon (8:07)*
●Produce, Arranged

Candy Dulfer, Ulco Bed

●Written (for US)

Candy Dulfer, Ulco Bed (1,4,6)
Candy Dulfer, Easy Mo Bee (2)
Ulco Bed (3,5)
A. Shamblin, M. Reid (7)
Gorrie, Stuart, Duncan, Mc Intyre, MacIntosh, Ball (8)
J. Mac Daniels (9)
Prince (10)

●Musician

Candy Dulfer (vocals,sampler,saxophone)
Ulco Bed (bass,drums,guitar,vocals,keyboards,percussion)
Frans Hendrix (drums)
Tower Of Power (horns) (1)
JB Horns (horns,vocal) (6)
Hans Jansen (organ) (2)
Gerbrand Westveen (saxophone) (2)
Iwan van Hetten (trumpet) (2)
Angelo Verploegen (trumpet) (3)
Carlo De Wijs (organ) (5)
Lucas van Merwijk (drums) (10)
Michel van Schie (guitar) (10)
Rob van Donselaar (piano) (10)
Wies Ingwersen (vocals) (1,4,6,9)
Easy Mo Bee (vocals) (2)
Patricia Balrak (vocals) (2)

オランダ出身のキャンディは父ハンス・ダルファーの影響で6歳からサックスを吹き始め、14歳の頃にバンド"Funky Stuff"を結成したりと幼い頃からサックス・プレイヤーとして活動。
プリンスは早い段階で彼女に目を付けペイズリー・パークに誘うも断られるも諦めきれず、ジル・ジョーンズの次回作に収録予定だった"My Baby Knows"(未発表)や「Graffity Bridge」、「Pandemonium」のレコーディングに参加させたりと涙ぐましい勧誘を続けました。
結果的にNPGに加入する事はありませんでしたが’97年からサポート・メンバーとして定期的に参加しています。

本作はNPGのサポートメンバーになる1年前にリリースされた2ndアルバムで、プロデューサーは前作同様ウルコ・ベットとの共同プロデュース。
デビュー作では彼女を有名にしたユーリズ・ミックスのデイヴ・スチューワートによる"Lily Was Here"が話題になりましたが、今作ではプリンスがスロー・ナンバーの"Sunday Afternoon"1曲提供、また"Pick Up the Pieces"では"Gett Off"をサンプリングで使用しています。

プリンス関与曲以外もタワー・オブ・パワーがホーン隊として参加した"2 Funky"やJBホーンズ参加による"Jamming"等パワフルな楽曲も多く、この1枚で彼女の人気を決定付けたといっても過言ではないアルバムだと思います。