TimeSwitch

Maceo Parker (メイシオ・パーカー)
Dial: M-A-C-E-O (ダイヤル・メイシオ)

Released: 2000/3/23 (Japan) 4/11 (US) | Label: Cream, What Are

●List (for US)

  1. Dial MACEO (0:22)
  2. Rabbits On The Pea Patch (5:09)
  3. Coin Toss (2:54)
  4. My Baby Loves You (3:21)
  5. The Greatest Romance Ever Sold (5:38)*
  6. Black Widow (4:55)
  7. I've Got Work To Do (4:01)
  8. Simply Tooley (4:28)
  9. Latin Like (4:39)
  10. The Closer I Get To You (5:27)
  11. My Love (4:36)
  12. Homeboy (5:48)
  13. Baby Knows (3:24)*

●List (for other)

  1. Dial MACEO (0:23)
  2. Rabbits On The Pea Patch (5:10)
  3. My Baby Loves You (3:23)
  4. I've Got Work To Do (4:02)
  5. The Greatest Romance Ever Sold (5:38)*
  6. Black Widow (4:59)
  7. Coin Toss (2:55)
  8. Simply Tooley (4:30)
  9. Latin Like (4:40)
  10. The Closer I Get To You (5:30)
  11. My Love (4:05)
  12. Homeboy (5:50)
  13. Baby Knows (3:24)*
●Produce, Arranged

Daniel Wise (1-4,6-12)
Prince () (5,13)
Maceo Parker (Arranged)

●Written (for US)

Maceo Parker (2,3,7-9,12)
Prince () (5,13)
Ronald, O'kelly & Rudolph Isley (4)
Corey Parker (6)
James Mtume (10)
Linda & Paul McCatney (11)

●Musician (for US)

Maceo Parker (saxophone,flute) (vocals) (2-4,7-9,11)
Prince () (all other instruments,vocals) (5,13)
Michael Bland (drums) (13)
Jamal Thomas (drums) (2,3,7-10,12)
Kevin Hupp (drums) (4,6,11)
Rodney "Skeet" Curtis (bass) (2-4,6-12)
Bruno Speight (guitar) (2-4,6-12)
Will Boulware (organ) (2-4,6-12)
Kevin Hupp (percussion) (3,4,6,9,10,12)
Vincent Henry (saxophone) (3,7,9,10)
Greg Boyer (trombone) (3,4,7-10,12)
Ron Tooley (trumpet) (3,4,7-10,12)
Ani DiFranco (vocals,guitar) (3)
James Taylor (vocals) (4)
Sheryl Crow (vocals,harmonica) (13)
'Sweet' Charles Sherrell (vocals) (2, 4)
Audrey Martells (vocals) (2, 4, 6, 10)
Corey Parker (vocals) (2, 4, 6)
Diann Sorrell (vocals) (2, 4, 6, 10)

’64年からジェームス・ブラウンのバンドに加入、'75年にはP-ファンクに参加したりとブラック・ミュージックでの活躍の一方、キース・リチャーズやブライアン・フェリー等のアルバムに客演したりと多くのアーティストに信頼されている名サックス・プレイヤーのメイシオ・パーカー。
’99年にリリースした「Rave un2 The Joy Fantastic」に初めて参加し、同年末のライブ「Rave Un2 The Year 2000」以降'08年辺りまでNPGのサポート・メンバーとして活躍しました。

本作はこの翌年となる'00年にリリースしたアルバムで、プロデューサーは前作「Funkoverload」('98)を手掛けたダニエル・ワイズ、そしてプリンスが2曲参加しています。
プッシュホンを"M","A","C","E","O"とプッシュしてからスタートするタイトル・トラックの"Dial Maceo"から"Rabbits In The Pea Patch"へ演奏が続く辺りは流石で、メイシオのファンキーなソロ・パートが延々続くカッコイイナンバーです。
他にもアイズレー・ブラザースの名曲"I Got Work To Do"('72)やアニー・ディフランコがギターとヴォーカルで参加した"Coin Toss"、ポール・マッカートニーの"My Love"のシックなアレンジ、ロバータ・フラックとドニー・ハサウェイのデュエット曲"The Closer I Get To You"('78)をファンキーにアレンジしたりと、どれも聴き応えあります。

もう1つの注目は前述のプリンスのアルバム「Rave~」に収録されていた"The Greatest Romance Ever Sold"とシークレット・トラックの"Baby Knows"のヴォーカル部をメイシオのアルト・サックスで演奏するというインスト・ナンバーが収録されています。プリンス好きの私としては嬉しい限りではあるけれど、この曲がなくてもその良さは全然変わりません。