NPG Prince Site

The Hits & B-Side Collection (ザ・ヒッツ&Bサイド・コレクション)

Released:1993/9/14 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

●Disc 1

  1. When Doves Cry (3:47)
  2. Pop Life (3:41)
  3. Soft And Wet (3:02)
  4. I Feel For You (3:24)
  5. Why You Wanna Treat Me So Bad? (3:48)
  6. When You Were Mine (3:43)
  7. Uptown (4:09)
  8. Let's Go Crazy (4:39)
  9. 1999 (3:36)
  10. I Could Never Take The Place Of Your Man (3:38)
  11. Nothing Compares 2 U (4:57)
  12. Adore (4:39)
  13. Pink Cashmere (6:13)
  14. Alphabet St. (5:38)
  15. Sign O' The Times (3:42)
  16. Thieves In The Temple (3:19)
  17. Diamonds And Pearls (4:19)
  18. 7 (5:09)

●Disc 2

  1. Controversy (3:35)
  2. Dirty Mind (3:49)
  3. I Wanna Be Your Lover (2:56)
  4. Head (4:43)
  5. Do Me, Baby (3:55)
  6. Delirious (2:38)
  7. Little Red Corvette (4:55)
  8. I Would Die 4 U (2:56)
  9. Raspberry Beret (3:31)
  10. If I Was Your Girlfriend (3:46)
  11. Kiss (3:45)
  12. Peach (3:48)
  13. U Got The Look (3:46)
  14. Sexy M.F. (5:24)
  15. Gett Off (4:29)
  16. Cream (4:12)
  17. Pope (3:28)
  18. Purple Rain (8:40)

●Disc 3

  1. Hello (3:23)
  2. 200 Balloons (5:05)
  3. Escape (3:30)
  4. Gotta Stop (Messin' About) (2:54)
  5. Horny Toad (2:12)
  6. Feel U Up (3:44)
  7. Girl (3:47)
  8. I Love U In Me (4:12)
  9. Erotic City (3:55)
  10. Shockadelica (3:30)
  11. Irresistible Bitch (4:11)
  12. Scarlet Pussy (4:18)
  13. La, La, La, He, He, Hee (3:21)
  14. She's Always In My Hair (3:27)
  15. 17 Days (3:54)
  16. How Come U Don't Call Me Anymore (3:50)
  17. Another Lonely Christmas (4:51)
  18. God (4:02)
  19. 4 The Tears In Your Eyes (3:23)
  20. Power Fantastic (4:45)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Written

Prince
Prince, Dr. Fink (D2-2)
Prince, Tony M., Levi Seacer, Jr. (D2-14)

●Aditional Musician

オリジナルに記載しているので割愛


デビューからこのベスト盤まで14年間毎年のようにリリースされたアルバムの集大成ともいえるベスト盤です。
さすがにこれだけアルバムがあると選曲も大変で、Disc1、2をプリンスの歌詞の中でも大きな要素ともいえる「スピリチュアル」と「セクシュアリティ」の2つに分けて選曲、そしてシングルB名等を収めた「Bサイド」の計3枚56曲が収められています。未発表曲は4曲あり、Bサイドにも知名度がない曲もあります。
映画『BATMAN』の為に書かれた"Batdance"や"Partyman"等が収録されなかった辺りはコンセプトが違うという理由でしょうね。

アルバム未収録のうち、"Nothing Compares 2 U"はザ・ファミーリーに提供した曲で、'88年にシンニード・オコナーのカヴァーでメジャーになった名曲です。ここではThe New Power Generationに在籍していたロージー・ゲインズと歌っています。当時付き合っていたアナ・ガルシア(プリンスはアナ・ファンタスティックと呼んでいました)の18才の誕生日にプレゼントしたピンクのカシミアのコートの事を歌った"Pink Cashmere"も"Nothing~"と同じく、このアルバムが出る迄はブートレグでしか聴けなかった貴重なバラードです。"Peach"はこのアルバムと同時にリリースされたシングルでハード・ロック調のサウンドが気持ちいい1曲です。
Bサイドで目を引くのは、当時USA・フォー・アフリカの"We Are The World"に参加するはずだった殿下が「こんなに大物がいたんじゃ緊張して歌えない」と辞退した代わりに提供した"4 The Tears In your Eyes"や、プリンスの数ある偽名の1つ"カミール"のアウトテイクでジェシー・ジョンソンへの嫌がらせ目的で作った"Shockadelica"や"Scarlet Pussy"等貴重なトラックが収録されています。

改名宣言の直後に発売されたこのベスト盤、プリンスという名での活動を締めくくる為のアルバムの様に感じてしまいます。
ちなみにDisc1とDisc2は、それぞれ単品でも販売されています。

【1993年の受賞】
●BRIT Awards[UK]
Best International Solo Artist


Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

ああVanity6…

BestHits…殿下に相応しくない作品なので最初は戸惑ったけど、Bサイドのおかげで興奮した。
レコードプレーヤーが壊れちゃってからはシングル聞けなかったもんね。この4TheTearsはライブエイドで流れたPV盤だよね?LPテイクよりゴスペルチックで好き。でもB面曲全部入れて欲しかったよー。Hitsのほうはいきなり超ビッグヒットDovesで始まるのには関心。
過去の栄光をあっさり頭に持ってくるなんてのはいい姿勢と思った。反面Nothingを今更自分で歌って入れるというのは安直過ぎるような…。Sineadのおかげで印税ガッポリ入って味をしめたか?思わせぶりなこのヴァージョンより、オレはTheFamilyのほうが百倍好きです。
でもさ、このHitsはどうせなら最初からのシングル集にして全曲シングルテイクで入れて欲しかったな。せっかくLet'sGoCrazyとかGlamSlamとかシングルならではの編集してるのに。JustAsLongAsとかどういうシングルヴァージョンなのか知りたかった。選曲はまあこんなとこなんだろうな、とは言えそこんとこが悔やまれる。
ForYouもどうせなら入れて欲しかったな。導入部として。PeachはPV見てから気に入った。気楽にロックしてる殿下はやっぱかっこいい。Popeはまあ、この時期の殿下ならやりそうな曲でしょう。
Pinkも。いい曲なんだけど、突き抜け切れないもどかしさは残る。ボックス仕様でいいから全12インチ集も出してくれ~。

ひろピン

「4 the Tears In Your Eyes」は初めて買ったLPレコード,「USA 4 アフリカ」に収録されてた。
当時はまだプリンスというアーティストには興味を示してはいなかったけれど、「We Are the World」よりも頻繁に聴いていた覚えがあります。
「I Love U in Me」この曲を気に入った彼女に歌詞をみせたらショックを受けてた。当時はシングル「The Arms of Orion」のB面でし聴けなかったんだよなぁ。
「B-SIDES」が発売された時は嬉しくて仕方なかったです。

オリジナルから聞きたいので敢えて聞いてないんだけどそれ以外のナッシングとピーチetc...と3枚目(僕のことじゃないのよ)聞きました。
ピーチ本当にいい曲、大衆の面前で聞く勇気を持ちたい。ナッシングはこんな心にも染み渡ってくれて...
こっちの三枚目は二枚目よりいい!?僕の目の前の現実はこーはいかん。


Batmate

殿下を崇拝している僕のBest Songは「Nothing compares 2 U」。
こんな悲しいバラードはこの先にもきっとあらわれないでしょう。 最近、人生最大の失恋をしたばかりの僕にとっては大変こたえる曲。
この曲聞いて悲劇のヒーロー?ぶってる自分がバカみたい。
でも、この曲のとおり、『君と比べられるものなどありはしないのだから、、、』

mino

B-sidesは本当に良いですね。17 daysやShe's Always In My Hair良いですが、自分にとってもっともカッコよかったのは4 The Tears In Your Eyesでした。
知り合いの若いプリンスファンの女性はAnother Lonely Christmasに狂っていました。
B-sidesを聴いた当初は"I Love U In Me"を毎日10回以上はこの曲を聴くくらいハマりました。そうしてこれが出た頃から自分で真剣に曲を作り始めました。
それまではコピーバンドしかしてこなかったのを、オリジナルに向かっていったきっかけのようなアルバムです。

クリス

今まで知らなかった訳詞を知ることが出来たアルバムでしたね^^
ソフト&ウェットとか…改めて殿下が好きになったアルバムです
これに収録されているKISSはちょっといまいちかなって気がするヶド…しかたないかな?

ネルソン

シーズ・オールウェイズ・イン・マイ・ヘアが入っていたので買いました!
ディアンジェロバージョンもかっこいいですよね!

ユタカ

僕としては、プリンスの音楽は出来ればオリジナルアルバムで聴いて欲しい。
初心者は、これ聞いてプリンスを只のヒットメーカーと勘違いしないかなあ。Bサイドが聴けるので、マニアには有り難かった。
それにしても、ライナーがサイテ―。あれじゃ初心者は、なんのこっちゃ分らんやろ(笑)

NAGITAKU

B-SIDEは、よく聴きます。いまでも

ブライアン

初めて殿下の曲を聴く人にはメジャーな曲が多いから無難な1枚。
でも「BATMAN」の曲が1曲も収録されてない辺りは殿下のこだわりが伺えるかも?!
B-SIDEの方もレアな音源が収録されてるので○