NPG Prince Site

Rave Un2 The Joy Fantastic (レイヴ・アン2・ザ・ジョイ・ファンタスティック)

Released:1999/11/9 | Label: NPG, Arista

●List

  1. Rave Un2 The Joy Fantastic (4:19)
  2. Undisputed (4:20)
  3. The Greatest Romance Ever Sold (5:30)
  4. Segue (0:04)
  5. Hot Wit U (5:11)
  6. Tangerine (1:31)
  7. So Far, So Pleased (3:24)
  8. The Sun, The Moon And Stars (5:16)
  9. Everyday Is A Winding Road (6:13)
  10. Segue (0:19)
  11. Man'O'War (5:15)
  12. Baby Knows (3:19)
  13. Love U, But Don't Trust U Anymore (3:36)
  14. Silly Game (3:30)
  15. Strange But True (4:13)
  16. Wherever U Go, Whatever U Do (3:16)
  17. The Greatest Romance Ever Sold (Adam & Eve Remix) (5:32) *Bonus Track for Japan Only
  18. Segue (0:44)
  19. Prettyman (4:25)
●Produce

Prince

●Arranged,Composed & Peformed

●Written


Prince (1)
Sheryl Crow, Jeff Trott, Brian McLeod (9)

●Aditional Musician

Clare Fischer (orchestration) (8,10,11,14)
Rhonda Smith (bass) (6,7)
Michael B. (drums) (12)
Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (chants) (2)
Kirk Johnson (chants,drums,percussion) (2,7,11)
Kip Blackshire (vocals) (2,9)
Bros. Jules (scratches) (2,19)
Mike Scott (guitar) (3)
Michael B. Nelson (trombone) (5)
Steve Strand (trumpet) (5)
Dave Jensen (trumpet) (5)
Kathy Jensen (saxophone) (5)
Kenni Holmen (saxophone) (5)
Marva King (vocals) (7)
DuJuan Blackshire (vocals) (9)
Johnnie Blackshire (vocals) (9)
Larry Graham (vocals) (9)
Maceo Parker (saxophone) (18)
Chuck D (rhyme) (2)
Adele C. (queen) (2)
Gwen Stefani (co-lead vocals) (7)
Sheryl Crow (co-lead vocals and harmonica) (12)
Ani DiFranco (acoustic guitar) (13)
Eve (rhyme) (5)

●Cover

"Everyday Is a Winding Road" by Sheryl Crow (1996) (9)
"Bring the Noise" by Public Enemy (1987) (9)


過去の音源とも言える「Crystal Ball」や「The Vault... Old Friends 4 Sale」がリリースされましたが、本当の意味でワーナーとの契約が解放された「Emancipation」以来3年振りの新作です。

久しぶりの大手レコード会社アリスタと"契約"ではなく"販売の合意"をしたの新作はプロデューサーに”プリンス”を迎えての制作となりました。(このニュアンスに注目!)
と言うのも作品を一聴しての感想は”お帰り!”と言いたくなる位'80年代それもプリンス時代の絶頂期だった'85~'88年の頃のサウンドが甦っています。
"Rave Un2 The Joy Fantastic"で聴かせるファンキーなギターとドラムのリズム、先行シングルの"The Greatest Romance Ever Sold"で聴かせる久しぶりの纏わりつくようなギター・サウンドとヴォーカル、"I Love U,But I Don't Trust U Anymore"で聴かせるピアノの綺麗なバラード....どれを聴いても”プリンスらしいサウンド”のオンパレードです。

また「Emancipation」に次いで本作にもカヴァー曲が収録。今回はシェリル・クロウの"Everyday Is A Winding Road"を収録しています。
カヴァーのお礼なのかシェリルは"Baby Knows"にヴォーカルとハーモニカでゲスト参加しています。
ゲストと言えば、本作にはにとってメンター的な存在となったラリー・グラハム他、メイシオ・パーカー、パブリック・エネミーのチャックD、グウェン・ステファニー、イヴ、アニー・デフランコと客演の多さも魅力です。

歌詞では前述の"The Great~"以外にも元妻のマイテの事を言ってるようにも取れる歌が数曲あり、殿下の直接言えない内面性が表現されているアルバムだと思います。
ただ"解放"されたお陰で毒気が薄れた点が気になりますが、まぁ文句なく”復活”と考えてよいアルバムでしょう!

余談ですが、アルバムタイトルの"Rave Un2 The Joy Fantastic"は'88年の作品で、いつかこのタイトルのアルバムをリリースしたいという意向があって、ずーっとお蔵入りになっていた曲です。
また、日本盤の最後に記載されているマハトーマ・ガンジーの一説を見ると、マイテとの子供の死産が与えた衝撃が感じられ、最近バイブルを読んでるの気持ちが判るような気がしてきます。

本作の1年半後、npg music clubよりリミックス・アルバム「Rave in2 joy fantastic」をリリースします。
そちらについては「npgmc」のコーナーで記載しました。

【受賞】
●Genesis Awards
「Rave Un2 The Joy Fantastic」:The Dolly Green Special Achievement Award


レビューを書く

Cover Sample

ファム・レビュー

 

 

ノノ

なんにせよ音楽とは気持ちよくあるべきってのをあらためて全世界に知らしめたのでは?体のなかにある人間の原始的なリズムをつかんでいるのは、やっぱナンバーワンだと思うけどな。でもほんと、音の細かいところに対する気の使い方がすごい。
"man"O"war"は心臓にくる。「greatest romans,,」は「当てたんだけどね」と、いう彼の声が聞こえてきそう(笑)。

N.P.G.

実は初めて買ったプリンスのアルバムです。プリンスにはまる少し前にSLY&THE FAMILY STONEやP-FUNKをよく聴いていて、ラリー・グラハムやメイシオ・パーカーが参加しているのを知ったのがきっかけでした。
"MAN'O'WAR"、"HOT WITH U"がお気に入りですが、やはり"EVERYDAY IS THE WINDING ROAD"ですね。ラリーのヴォーカルはいいですね。(できればベースも弾いてほしかったですが・・)
"BABY KNOWS"は、"RAVE 2000"でのメイシオのサックスがあるライヴの方が数倍かっこいいと思います。

俊児

"MAN'O'WAR"えぇ曲ですよ。全体的にらしくないアルバムの気がしますが、そんなアルバムでも2曲程度は素晴らしい曲入ってるのがプリンス。これはアイアンメイデンのアルバムにも同じことがいえます。

マハラ

買った帰り道、車の中で聞いていると"Baby Knows"で「まあ、いいや」と聞こえ「おお、日本版特別仕様か」とマジで思った私。(バカ)
なんか1曲目がボーナストラックな感じ。

やまん

個人的には、EVERYDAY...以降が気に入ってますね。アルバム後半ですね。
最後のPRETY MANまで飽きずに聴かせてくれます。ただ、シリアスさの欠如が感じられるのは私だけでしょうか?
ノリを追求した結果の作品と思えてしかたありません。

halfmoon

1曲目・2曲目を聴いたとき「プリンス復活か?」と思ったけど、3曲目以降失速!と言うのが最初の感想。
聴きこんだ今も大筋は変わらないけど、全体としてまあまあかな。ただし、1曲目は88年作らしいのでおいといて(1番最高の時期ですねやっぱり)、現在のプリンスの音としては"most beautiful girl in the world"以来のヒットとなる2曲目は最高!!
最近のスパイクリー監督の映画サントラに提供した"2045radical man"も以前のパワーありテクありのプリンスに近い音。次のアルバムがほんと期待できます。
ほんでもってこのアルバムは予告編といったところ!?

ジャスティーン

タイトル曲とグレイテストロマンス~、プリティマン?が好きです。
なんだかんだ現役なミュージシャンなんですよね、プリンスって常に新しい音楽をリスナーに届けてくれるほんと素晴らしいミュージシャンですよ、いい意味で売れ筋なポップアルバムの次はどんなのでしょうね。
多分もっとポップな物かな、また全世界で売れまくるようなアルバムが出来そう。
これからのプリンスは商業的な音楽の在り方やアーティストとしての存在にうまくバランスをとっていくんでしょうね。アーティスティックなままこれからも活躍してくれることを望みたいです。

NAGITAKU

アルバムよりなにより、一曲目の"Rave~"は本当にこんな曲なんでしょうか?ひょっとしてとり直した?
88年位のアフターショウなんか聴いてるともっと速いテンポの曲だと思っていたのでちょっとビックリ2000バルーンでのあーゆー感じ。ちょっとしたラップみたいな物ありって感じのミディアムテンポは想像してませんでした

ユタカ

このアルバムを、現時点で位置付けするのはとても難しい。プリンスに何を求めるかによって、評価は大きく分かれるアルバム。
僕はこのアルバムを聴いた時、初めてプリンスの音楽に接した頃の事がまざまざと思い起こされた。
音がどうだとか、アレンジがどうとかいった事ではなく、本能的にそれを思い出した。だからたぶん、プリンスの狙い自体は成功してると思う。
ただし、あの頃の革新性やスリルを求めてた人は大きく失望する事になる。
これから先彼が、このファンと自分の方向性とのズレに、どうけりをつけて行くのかという事で、これは一つの分岐点になるアルバムだと思う。