NPG Prince Site

The Rainbow Children (レインボウ・チルドレン)

Released:2001/10/16 (NPG Music Club download) 11/20 (Releace) | Label: NPG, Redline Entertainment

●List

  1. Rainbow Children (10:04)
  2. Muse 2 The Pharaoh (4:21)
  3. Digital Garden (4:07)
  4. The Work Pt. 1 (4:28)
  5. Everywhere (2:55)
  6. The Sensual Everafter (2:58)
  7. Mellow (4:24)
  8. 1+1+1 Is 3 (5:17)
  9. Deconstruction (2:00)
  10. Wedding Feast (0:54)
  11. She Loves Me 4 Me (2:50)
  12. Family Name (8:17)
  13. The Everlasting Now (8:18)
  14. Last December (7:58)
  15. Untitled track (0:04)
  16. Untitled track (0:04)
  17. Untitled track (0:04)
  18. Untitled track (0:04)
  19. Untitled track (0:04)
  20. Untitled track (0:08)
  21. untitled track (0:38)
●Produce, Arranged, Composed, Written

Prince

●Aditional Musician

Larry Graham (bass) (4,14)
John Blackwell (drums) (1-9, 11-4)
Kip Blackshire (vocals) (3,4, 8-10)
Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (vocals) (12)
Najee (saxophone,flute) (1,7)
Clare Fischer (orchestration) (1)
Niyoki White (vocals) (1,3-5, 8-10,14)
Mikele White (vocals) (1,3-5, 8-10,14))
Tia White (vocals) (1,3-5, 8-10,14)
Malikah White (vocals (1,3-5, 8-10,14)
Femi Jiya (vocals) (12)
Michael B. Nelson (trombone) (4,5,7,13)
Kathy Jensen (saxophone) (4,5,7,13)
Dave Jensen (trumpet) (4,5,7,13)
Brian Gallagher (saxophone) (4,5,7,13)
Steve Strand (trumpet) (4,5,7,13)

'00年6月、ワーナー/チャペル・ミュージック出版会社と1999年末迄の契約が満了した為、名前を"プリンス"に戻し、'01年10月17日にプリンスのオフィシャル・サイト"NPG Music Club"(以下NPGMC)のプレミアム・メンバーのみ先行でダウンロードが可能になったプリンス名義としては約10年振りのアルバムを遂にリリース。

サックス、ドラム、ベース、ギター、ピアノを演奏するこれまでのアルバムとはまったく違うアーティスティックなジャケット・デザインで、一見ジャズ・アルバムを思わせる本作は、そのデザインにピッタリの非常にジャジー且つファンキーな内容で新生プリンスのアルバムに相応しい仕上がりです。

プリンスの声をモジュレーターで低い声にしたボブ・ジョージのイントロの後、軽快なスイング・ジャズ風サウンドに乗せて女性コーラスやプリンスのスキャットが楽しいタイトル・トラックの"Rainbow Children"からスタート。"Segue"というか"Interlude"的なギター・インストを挟んで、メロウなリズムに乗せてラップを挟みつつプリンスの中高音のヴォーカルが美しいスロー・ナンバーの"Muse 2 The Pharaoh"、コンガのサウンド等を使いアフロ・ファンクっぽいリズムから始まり途中からファンキーさを増していくギターがCOOLな"Digital Garden"、JBを彷彿させるファンキーなホーン・セクションとラリー・グラハムのベースが随所で聴かれるシングル・カットの"The Work-Pt.1"、ハイ・トーンな女性ヴォーカルのゆったりとしたイントロから急にハイ・スピードなドラムとホーン・セクションのサウンドに変りラストでは再びスロー・テンポに変化する"Everywhere"、途中で再びボブの声がインサートされた後にアフロっぽいリズムと哀愁のあるギターの音色が心地よいインスト・ナンバーの"The Sensual Everafter"と前半から本作のクオリティに圧倒される楽曲が続きます。

中後半では、スロー・ジャムのテンポに乗せてプリンスのウィット感のあるヴォーカルがジャジーな"Mellow"、80年代のプリンスやザ・タイム辺りで聴かれたシンセとドラムのリズムが懐かしいノリの良いパーティ・チューンの"8.1+1+1=3"、シンコペートとアコギっぽい爽やかなサウンドをバックにプリンスらしい中音を効かせたラヴ・ソングの"She Loves Me 4 Me"、NPGオペレーター風の声からスタートしL・クラヴィッツの"American Woman"によく似たリズム&ブルース的サウンドの"Family Name"、再びJBサウンドっぽいファンキーなリズムに乗せて女性コーラスとプリンスが楽しそうに歌う8分強にも及ぶノリの良いパーティ・チューンの"The Everlasting Now"、その高揚感が覚めやらぬうちに静かに始まるファルセットを効かせたラスト・トラックのバラード・ナンバーで日本での第一弾シングル"Last December"は歌詞も含め"Purple Rain"や"Gold"辺りを彷彿させる感動的なナンバーです。

歌詞に関しては全編に宗教的なフレーズが歌われ賛否の分かれる内容ですが、個人的には違和感を感じませんでした。
全体的な印象では、歌詞の途中で"Rainbow Children"のフレーズがあったり曲感をインスト曲やヴォイスで繋ぐといった一貫したコンセプトもさる事ながら、レコード会社の束縛がないと言う理由だとは思いますがプリンスの自由な作風とリラックスした中でのレコーディング風景が目の前に広がって来る内容で、個人的には近年稀にみる秀作だと思います。
尚、日本盤には泉山真奈美氏の詳しい対訳、WindowsやMacの壁紙がダウンロード出来るプリンス特設サイト('02/4末迄)へのアクセスが可能な仕様になっています。

レビューを書く

ファム・レビュー

壊檸檬

ジャケットの絵がとってもかっこいいです、、“デジタルガーデン”がすごく好きです。
なんとなく「AroundTheWorldInADay」に似ている気がします。
輸入版を買ったにもかかわらず日本盤の“4大特典”とやらと缶バッチにつられて日本盤もかってしまいました、、、

俊児

僕は宗教とかにあまり良いイメージを持たないほうなんですが、このアルバムはもろにそっちモードで・・・しかし、このテンションの高さは鬼気迫る感じがして今までとは違う一面を持ったアルバムだと思いました。
音の質も良く、楽器の鳴りを重視しているから、いつ聞いても質が変わらないアルバムです。プリンスのアラウンド~に次ぐサイケアルバムですね、全然毛色違うけど~。とにかくお気に入りの一枚です。

クロ

すごく好きなアルバムです。僕はあんまりプリンスが好きな方ではなかったのですが、このアルバムを聞いて大ファンになりました。
僕はファンクや昔のR&B、ソウルが好きなので、もう鳥肌ものって感じです。なんせ、元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのラリー・グラハム先生が演奏してらっしゃるんですもの。何か良くわかんないけど、俺の全体を通して聴いた印象というのが、このアルバムの曲全部で一まとまりの曲なのかなという感じでした。
一聴したところ曲の雰囲気もそれぞれ違うんですが、でも全然違和感なく、むしろ統一感があってすごいなと思いました。ちなみに僕はドラマーなんですが、ドラムスのジョン・ブラックウェル、彼は最高です。
ラフなんだか、緻密なんだか、よくわからないドラムを格好良く叩いてしまうのでマジでむかつきます。彼は宇多田ヒカルのバックで叩いてる人として日本では知られてますが、アメリカじゃ、注目の若手ドラマーなのだそうです。恐ろしい。
僕は"Family Name"と"Mellow"、"Everlasting Now"と"Last December"が好きですね。特に"Everlasting Now"なんかは僕からしてみるとP-FUNKくさいなと思いました。
でも良く聞くと殿下らしかったりもするんですが。何はともあれ、買って以来ずっと聴いてます。何かしらのマジックが働いてるとしか思えません。

sunasuna

ラブセクシ-以降は、基本的にとりあえずチェックしておくぐらいで、あまり真剣には聞いてなくて、ヒップ・ホップの作品を聞いて、果たしてこの作品のア-テイストにプリンスが勝てるのかという風にDJプレミアやRZAやドクタ-ドレ-の作品などを聞きながら思っていたものですが、この作品を聞き、たぶん70年代を経験した人にとって懐かしい音だと勘違いするぐらい完璧に作られていてしかも昔のプリンスの曲も巧妙に取り入れられていて、1枚が丸々この音なので、うまく隠されているというかとんでもないアルバムだと思います。
1曲目のレイチルはライブのブ-トレッグで聞くことによってギタ-プレイの凄さを感じ、アルバムでは、voxやコラ-ジュのセンスに感心しラスト3曲の展開になぜか涙がでてしまい僕はまたプリンスのCDを買いなおし聞きまくっています80年代の彼が天才と言われて伝説となっていてすばらしいことは間違いありませんが、今現在の彼がもしかしたらそれを打ち破ってくれそうな気がしてなりません。
そして僕には手塚治虫と重なって見えてしまいなぜか{火の鳥}を連想してしまいました。

元ファン

ネットを使ってまで、アルバムを購入するつもりはなかったから、このアルバムが普通に販売されていて思わず買いました。Last Decemberの構成が余りにもクドイので少し苦笑してしまいました。

ちぇり

このアルバム超気に入ってます~♪ 毎日聞いてます。買ってからすぐに壁紙もダウンロードしたし。投稿するの遅れましたが。。。。プリンスにはこれからもアルバム制作に頑張って欲しいです。

こばんざめ(じみー改め)

デビューからたくさんのアルバムをリリースしてきましたが、いままで味わったことがないような初めての肌触りを感じました。初体験といっても過言ではないくらいです。
でもやっぱり80年代に見せたフツーじゃない攻撃的・挑発的なサウンドは影をひそめていますね。
このアルバムから始まったことではないですけど。86年の「PARADE」で一発目から放つ「ウルトラミラクル爆裂ドラム」みたいなことはもうやらないよねぇ、やっぱり。
しかし聴き続けるにつけ、訴えかけてくる、というか何かしらの主張を感じました。
このアルバムはまとまりがよく統一感があるので、断片的にではなく、最初から最後までぶっとうしで聴いたほうがよいですね。
全体的に良くも悪くも肩の力が抜けた作品だなと思いました。
一貫して落ち着いていてアコースティックな雰囲気さえ感じます。大傑作ではないけど、昔からのファンであれば損しないだろうと思いました。
というかハズレがなくてほっとしたいう感じかなぁ。
(倍以上の長文だったので一部割愛しましたすいません!)

イジイジ

レイチルですが、例えば多くの殿下CDを前にして「どれを聴く?」と聞かれたならば、割と敬遠してしまうタイプのアルバムかと思います。地味で重たくて娯楽性に乏しくて...ですね。
しかしながら、この作品が持つ「一枚を通して聴かせる力」に関しては比類のないものを感じています。一旦聴き始めるとノンストップ。さらに特筆すべきは全く飛ばし聴きをする気になれないという点(笑)
現時点の私にとっては、ラブセクシーはもちろん1999やサイン、ゴールドにさえスキップしたい類の曲はいくつかあります。(駄曲という意味ではもちろんありません) が、正直レイチルにはそれが見当たらないんですよね。あくまで個人的な意見ですが、この点に関してはあのパレードをも超えてしまっています。
飛ばして聴きたくなる程の傑出した楽曲が無い、というのも一つの理由でしょうが、秀逸なのはやはりその選曲センスとバランス感覚だと思います。

ジューク

やはり余分な音を排し、アルバム全体で壮大な一曲を構成するような「つなぎ」こそ今作の最大の魅力だと思う。
(下部構造が上部構造を・・・)
ただ殿下自身のかはわからないが、低いナレーションボイスだけは耳に障る!

tutomu

ぼくもこのアルバムを理解するまで少し時間がかかりました。前までのポップな音とは打って変わった大人っぽいアルバムでした。
やはり後半の盛り上がりは鳥肌もの。殿下はここにきてやっと本当に作りたかったアルバムを作ったのだと思いました。聞けば聞くほど味が出てきます。そしてクセになります。

momo

大人な感じ。最初のタイトルソングなんて耳から離れない。あのサウンドが素晴らしい。多分、プリンス上級者向けっていうよりも音楽上級者向けっていうぐらいの内容。
軽い気分で聴いても理解できない。アルバムをトータルで聴ける集中力が必要。今回は歌詞も難しいしね。正直、何が言いたいんだか今でも理解できないよ。
昔の分かりやすいHな歌詞の方が共感できるかも。

たけす

初めて書き込ましていただきます。僕の第一印象は正直一曲一曲すんげえダルく感じてLast December以外 ダメ! っつーように感じてました。
ただ聞きこむにつれ、なんか気になるアルバム、たとえ他のグループのアルバムを聞いててもいつのまにか頭ん中はjust like the sun~のフレーズが流れてたり…なんか聞いてしまうアルバム、すごくいいアルバムではなく微妙にいいって感じが今の僕の印象です。
なんか18才の自分としてはすんげえ大人ちっくな感じになれるアルバムでもあります。…っつー事でいつも寝る前の一日の締めとして定着しました

nanairo

なんか、無敵艦隊も普通の船団になったというか、別にプリンスが作らなくてもいいのではというくらいの思いを抱かせる作品ですな。いわゆる「するめ」作品かと思いたいのですが、ラブセクシーを聴いた時のように「なんじゃこりゃ!?全然わからんぞ。
うーむ、しかし、確実に何かある!それはなんだ!?」てな感じで聴きまくりライブ見てぶっ飛ぶみたいな手ごたえはまったくありません。
よそでも最後の三曲が、、見たいな書き込みも見ますがピンと来ません。そうだ、宗教臭さが音にまで染み付いてるのがいけないのかな。。。。(私にとってね)

IPS

日本盤を待っていたのでようやく聞きました。良いなあ、やっぱり。
特に"The Everlasting Now"がいい。ギターソロなんかちょっとサンタナっぽいし。ただ、せっかくPRINCEに戻って話題も大きいのだからもうちょっと一般受けするようなPOPな分かりやすい曲を入れて大復活して欲しかったのだけどなあ。
それとか逆にもっとジャジーにしてアダルトコンテンポラリーやジャズのチャートを狙っちゃっても面白かったかも。

プリプリンス

かなり好きなアルバムです!ジャケットも格好いいし、中1ながら初めてジャズに興味を持ったアルバムです。

ちょこっと

私はラスト3曲の「これでもかっ」という迫力に参っています。

ノノ

とにかくあのジャケットの絵がいや~!!微妙に安っぽい!NYのラクガキとか意識したのかな?プリンスの顔のアップどんっっっ!!!のほうがいいよ。だって彼の顔を写すだけで、もう世界はオッケーなんだからさー。ごちゃごちゃ言ってたって、あなたの頭のなかには同じメロディーがながれてるんでしょ!同じ気品を感じます。
言いたいことは全然かわってないんでしょ!!(だから顔をちゃんと見せて!あの絵さいあくー)

♂♀

ここのレビューを見る度に「まだかまだか」とイラッてました(^^;
まだ全体通して一回しか聞いていないのでココに書くのもどうかなぁ…と思ってはいたのですが「とっつき」の意見と言う事で(^^ゞ
取り敢えず今は「Last Desdmber」が聴けただけでコレ買ってよかったぁって感じです。
後、今回の日本盤には4大特典ってのが有りv。
レイチルのステッカーとPCの壁紙がCDを使いDL出来る等で、最後にウケタ特典と言うのが『超難解な歌詞を完全対話』との事です(^o^;
なんじゃそりゃ!と思いましたが確かに自分では確実に無理な様です(笑)

Pさく

初めて書かせて頂きます。いきなりですが、アルバムを通して聞いた感想として、「殿下、十年間ご無沙汰です」って感じです。やっぱりジ・アーティストとは別人やな、と実感させられました。落ち着いた感のあるアルバムかもしれないけれどプリンス独特のリズムが随所にみられました。
ラブセクシー以前のアルバムを殿下自身が今のテンションで再アレンジしたらこんな感じのものになるんじゃないんでしょうか?

MINO

携帯の着信をこのタイトルソングにしています。大好きなんですが、耳はなぜかいつもドラムスにいってしまいます。SHE LOVES ME 4 ME なんて、聴く度にドラムに感動しています。彼がこだわっている音は、数年経つと世界中がこだわっている(少し前はベース)気がしているので、次はいわゆる「タイコ」をできるだけ排したドラムスかなと思っています。
LAST DECEMBERの、基本が3コードなのに、ってトコとか。作品としての彼は全く衰えてはいないと安心したアルバムです。

nonvey

僕がPrinceを聴くようになってから約15年が経ちます。ここ最近の作品が決して納得の行く内容ではなかったからでしょうか、久しぶりに身震いしたアルバムでした。ただし、最初はピンと来ませんでした。2回、3回と聴いていくうちにだんだんいい感じになってきたというか(『Parade』の時も同じような感じでした)…。
King of Popを標榜しているMichael Jacksonの作品、同じ頃に発表されましたが、あまり売り上げは芳しくないらしいですね。一方のPrinceは…という比較はもう必要ないですよね。何枚売れたとか、いくら稼いだとか、そういう商業音楽は彼らに任せておきましょう。質の高い作品が出来上がり、ファンがそれを聴き、満足度が高ければそれでいい。「売り上げがいい=出来のいい作品」とは限らないワケですからね。ぼちぼち国内盤も発売されるようですが、そろそろ生身の彼を拝みたくなりましたねぇ。
何だか訳がわからなくなってきましたが(苦笑)、敢えて評するとすれば…スルメみたいなアルバム。聴けば聴くほど味がでる、って感じ(笑)。

2 face

スメグマさんの「箱庭・・・」にちょい感動してまた書いてしまっています(苦笑 まさにおっしゃるとおり!僕自身<信者と言う言い方は好きでないのですが>そっちの部類に入ってしまう人間です(^^;;
一押しが足りないのは・・・ここで皆さんを前に言うとなんですが、「全米第一位」になって欲しいんです(あ、言っちゃった)アルバムは前回生意気ながら書いてしまったとおり気に入ってます、何人かの皆様が言う通りスルメのような・・・です。只僕の中では売れてるPRINCEをまた見てみたいんですね・・・マニア<信者>な僕は彼が「満を持して出したぞ!!」と言ったとして<言わないでしょうが>カオス&ディスオーダーを出されても「いい!!」といってしまう部類の人間です(笑 ただ、BATMANのシンボルを背中に道化を演じた<ほぼ素>PRINCEもまた見たいんです!
「あぁ・・悔しい、売れて欲しい・・」とはこんな優良PRINCEサイトにおじゃまして言ってはいけないことなのでしょうが、こんなジレンマを強烈に感じるアルバムでもあります・・・<納得してるのに数字が・・・>です。
なぜ良いのにこんなにジレンマを・・・と自分で考えれば、やはりまた世界中に「紫の雨」が降るのを待ってるのだな・・・俺は・・・と思う今日この頃です。生意気言ってすいませんでした(^^

五右衛門

他のアーティストは今までリリースした曲をアルバムとしてまとめてだしますが、殿下の場合はひとつのアルバムがひとつの作品になってる気がします。
このアルバムで特にそれが出てる気がします。落ち着いたジャズのようなイメージ。
殿下のファンキーなところが好きな人でも楽しめるジャズ。って感じです。

スメグマ

彼は箱庭に居て盲目的でコアなファンに向けてしかもう曲を作らないのか?過去の作品や道程を把握してる人(信者?)にしか絶賛できない作品?私は信者ではないから(アルバム全部持ってるけど) 聴き込むにつれ失望感が増す一方である。昔の彼のどの曲に似ているなどと余り回顧的に聴けないし、これまでの成り行きを踏まえて聴く事もない。
一作品と見ればたいしたものではない。ファンサイトで絶賛。雑誌でワースト評価?バランスが取れてクールだと思う。本作が批評に値するものかどうかは別にして、賛否両論こそ彼のステイタスだと私は思う。

masa

あちこちに散りばめてある印象を物凄く受けました。得意技と言いますか、お気に入りの技と言いますか、上手く説明出来ないけれどそんな感じのプリンスのエキスがぷんぷん臭ってくる感じがするのです。
それと、この人の歌声に惚れた理由を再確認出来ちゃったりもしました。ボーカル録りの時などは部屋にも入れてもらえないという記事を見たことがあるけれど、どんな顔をして録ってんだろと考えながら聴きだすと、いつの間にか目を閉じっぱなしだったりしちゃいます。

ユタカ

プリンスに名を戻しての初作品という事で、どうなるのか不安でしたが、ものの見事にそんなものは消し飛んでしまった。
これは近年希に見る完成度を誇ってるアルバム。各曲バラエティに富んでいるにも関わらず、全体で1曲ともとれるほどトータル性を感じる。
何より、近年あまり感じれなかった「驚き」がヒシヒシ伝わってくるのが嬉しい。変に時代に媚びず、かといってポップさを失わずという絶妙なバランスが戻ってる。祝プリンス復活!

ゆみえ

正直セレブで聞いた時はイマイチぱっとしませんでした。歌詞も非常に宗教色の濃いものだと感じましたし。でもガムさんがおっしゃられているように今この時期にはぴったりだと思うし、アルバムト-タルとして趣があるいい作品だと思います。
繰り返して聞いているうちにLast Decemberの歌詞はテロ事件が起きた今となってはよりメッセ-ジ性の強いものにきこえてなりません。

ガム太郎

好きな曲というよりも好きなフレーズがたくさんあるという感じです。ジャジーな大作の1曲目の印象が強く、秋に発表したのは効果的だったと思います。ここ最近発表された新曲をうまく寄せ集めてもこれ以上のアルバムにまとめあげる自信がありません。
LOVESEXY以降感じられなかった、曲と曲のつなぎのマジックを感じるアルバムです。