NPG Prince Site

Planet Earth (プラネット・アース~地球の神秘~)

Released:2007/7/15 (The Mail) 7/24 (Releace) | Label: NPG, Columbia

●List

  1. Planet Earth (5:51)
  2. Guitar (3:45)
  3. Somewhere Here On Earth (5:46)
  4. The One U Wanna C (4:29)
  5. Future Baby Mama (4:47)
  6. Mr. Goodnight (4:27)
  7. All The Midnights In The World (2:22)
  8. Chelsea Rodgers (5:41)
  9. Lion Of Judah (4:11)
  10. Resolution (3:41)
●Produce,Arranged,Composed,Written,Performed

Prince (credited to Prince and the New Power Generation)

●Aditional Musician

Michael B. (drums) (1,2)
Sonny T. (bass) (1,2)
Renato Neto (keyboards) (3)
Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (drum,keyboards) (6)
Sheila E. (percussion) (8)
Maceo Parker (horns) (8)
Greg Boyer (horns) (8)
Mike Phillips (horns) (8)
Lee Hogans (horns) (8)
Bria Valente (vocals (1,4,5,6,8,9)
Shelby J. (vocals) (1,4,5,6,8,9)
Marva King (vocals (1,4,5,8,9
Nandy McClean (vocals) ("The Twinz")(1,4,5,8,9)
Maya McClean (vocals) ("The Twinz")(1,4,5,8,9)
C.C. Dunham (drums) (3,4,810)
Joshua Dunham (bass) (3,4,810)
Christian Scott (trumpet) (3
Wendy Melvoin (guitar,mandolin) (4,7,10)
Lisa Coleman (keyboards) (4,10)

Musicology」がUSでダブル・プラチナ、「3121」もゴールド・ディスクと好調のお陰か、映画『ハッピーフィート』で久々に"Song Of The Heart"を提供(同アルバムには"Kiss"のカヴァーも収録)したり、'07年2月のスーパー・ボウルではハーフ・タイムショーに出演(折りしも当日は小雨が降り、まさに"Purple Rain"状態!!)と公の場での活動が目立つプリンス。
その一方、長年運営していた会員限定の公式サイトnpgmcが2月に閉鎖し、代わりに3121.comというオープンなサイトを開設。
これまで特権を得ていたファンの心理としては複雑な状況になりました。

来年('08年)でデビュー30周年となる一つの節目と言えるこの年、ユニバーサル・モータウンから「Musicology」でお世話になったコロンビア・ソニーと契約した本作は、「3121」のツアーチケットに付録という異例の販売形態を超え、英新聞「The Mail」の付録にするという大胆な戦略を展開しました。
この事で一次ソニーと揉めた様です。(まぁレコード会社の売り上げにかなり影響出るからしかたないでしょうけどねぇ)
リリース前に一騒動あったものの無事リリースされた本作は、久しぶりにProduce,Arranged,Composed and Performedの欄に"Prince & The New Power Generation"とクレジットされバンド色を強めた作品になっています。また注目は約20年振りにWendy & Lisaがレコーディングに参加しています。

静かなピアノのイントロから徐々に高揚していく様と平和を歌う"Planet Earth"は、「Emancipation」辺りに通じるものがありますがオープニングでしかもタイトル・トラックにと言うスタートには少々ビックリしました。この曲に対しドストレートなロックを展開する1stシングルの"Guitor"。先行ダウンロード可能だったこの曲を先に聴いていた身としては"Planet Earth"からの流れに初めて通しで聴いた時は戸惑いを感じました。
しかしプリンスのアルバムの場合特に感じられるのは聴き込む程に印象が変わるもので、アナログ盤を意識した微妙なノイズを入れたジャズ・ナンバーの"Somewhere Here On Earth"やウェンディ&リサがギターとキーボードで参加したロック・ナンバーの"The One U Wanna C"、シェルビーJとブリアとプリンスのラップが絡み合うメロウな"Mr. Goodnight"、ウェンディがマンドリンで参加してるシンプルな中にしっかりとアルバムに清涼感を与えているスロウ・ナンバーの"All The Midnights In The World"、終盤ではファンキーなディスコ・チューンでホーン隊と小刻みに入るベースがキャッチーな"Chelsea Rodgers"、軽快なサウンドですが内容は政治色を書いた"Revelation"とバラエティに富んでいます。
ちなみに"Chelsea Rodgers"のMVはファッション・ブランド"マシュー・ウィリアムソン"のステージを借り、謎の女性"Chelsea Rodgers"をフューチャーした作品になっています。当時は彼女のサイトまでありましたが、現在はmy spaceに痕跡が残る程度です。

10曲というプリンスのアルバムの中では少ない収録曲で構成されたアルバムですが、逆に余分なものをそぎ落としスッキリとした印象が感じられる作品だと思います。

【受賞】
●Grammy Awards
"Future Baby Mama":Best Male R&B Vocal Performance

【2007年の受賞】
●Golden Globes Awards
"The Song Of The Heart":Best Original Song - Motion Picture
●NAACP Image Award
Outstanding Male Artist

レビューを書く

ファム・レビュー

 

 

ガム太郎

ウエンディ&リサ.....この明るさはここから来てるのか?
The One U Wanna C, All The Midnights In The World, Resolution, Planet Earthの感じが好き。
全10曲....個人的に曲数が少ないのは大賛成!!!
ファンにこっそりくれたプレゼントのようなアルバム。嫌いな曲は無いので、じっくり楽しみたいと思います。
Chelsea Rodgers いい! この1曲の為だけに聞いてしまいそう。

prnprn

Guitarかっこいい。前から気になってるんですが、激しいダンスを踊ってる女2人組はジェームス・ブラウンの後ろにいた人達と同一人物なのでしょうか?
JBが亡くなってしまったのでプリンスが引き取ったんだろうと思ってます。

Sugar Rose

30year !!おめでとうございま~す。これからも、あなたにゾッコン着いていきます♪
あなたに感謝!!!!!!!ず~~~~~と、見守っています。いとしい背中を。。。
はよ~、来日してちょ。愛 Love Love Love U~☆

Princess

Thank You !!貴方の「愛」に委ねます。決断されました。うれしく思います。
この「流れ」はもはや必然です。そうです。そして、わたくしは「世界一正直な女」としてこの世い「生」をうけました。
これも「必然」です。「形」など関係ありません。あなた様もお会いすればわかるでしょう。笑
きっと「ホレ」ます。ホ~レ、ホレ!!ってね。(ウィンク☆)
わたくしにホレない人は、滅びます。なぜなら自分に正直にさえ生きられないお方は、やがて、自爆するしかないのです。あなたが「自分自身」を認めないことを、「真剣に」本当に「真摯」に考えたことがおありですか?
他人のそら似ではあきません。誰かの人生をあなた様が生きることはできません。自分と向き合いなさい。今すぐ。
いいですね。もう一度言います。わたしは「必要」とされています。もうおよしなさい。そして、あなたも「仲間」になるのです。
地球は△でも死角でもなく、まんまる◯なのですよ。あなたのまん丸◯はわたしの◯とも。。。ね。
わかりまして?そう。よろしい! あなたに未来を託します!!!
春の小川は揚子江に流れて~♪オリンピック乾杯☆

カストロ

Hi Prince My Babyまた新しい女の子が「生」を受けました。
今日を3/8日を、忘れないでいましょう。きっと。私はあなたに会ってお礼を言いたいの。ぜひ。そして、あなたに。。。
話したい事が山ほどあるのよ。どうしたら会えるのかわからない。笑でも、いつか必ず会ってあなたに「愛 Love U」を言います♪(Smile)
その言葉を言うために生まれて来た気がするからね。笑あなたの「Voice」が心に響くと居ても立ってもいられなくなるのよ。本当に。不思議。
あなたを前にしたらきっと緊張する人ばかりかもしれないね。でもわたしはまっすぐにあなたを見る。そして迷わず伝えられるわ。強い気持ちは、いままでもそしてこれからもきっと消える事はないでしょう。
とにかくいつでもあなたの側にいたいの。笑あなたの新しいアルバムを聴いてしまったんですもの。
あの歌を聞くといつでも同じ事考えて悩む自分がたまらなく好きだし。ははは☆
女の子はいつでも・・・・になれる。あなたの前ではね。あらら。わたくしとした事が。。
今日も1日ブツブツと暮らします~。あああー。悲しき人生よ。アーメン。

愛子

彼の「愛」のテーマは一貫して今も成長をつづけております。愛は「人間」「動物」「植物」息をしているすべての「生」に向けられています。そして、音楽の「神」は成熟期に入りました。
そう。そして、彼の「生き様」をあなた方の鈍い「感覚」で理解するには、まだ少し時間がかかるかもしれません。笑
しかしながら、確実に浸透しています。
Prince はこの「地球」というたった一つの惑星に人一倍の慈愛を表現しています。
わかるかな??あーだ、こーだ、言う前に。。ダンスでも練習しなよ。
リズム感覚を磨けば、ここへ来ているあなた方にも、「音楽」という一筋の。。。輝く「光」が見えるかもね♪

mamo

まず、アルバムタイトルが気になったけど・・・。あまり関係ないか。タイトル曲と終曲がそれに触れた感じだけど、他は普通の感じ。久々にジャケもいいと感じた。
で、なんとも明るい、そして激ポップな内容。ファンキーな曲はあまり見当たらない。「Chelsea Rodgers」くらいだ。けど、個人的には「Paisly Park」みたいなざっくりロック感のある曲もあったり、全体的にロックだったので嬉しいし、曲もいい。
「Planet Earth」の後半部分は燃えた!バラッドもいいし。個人的なお気に入りは「Future baby mama」と「The one U wanna C」。2000年代の殿下で一番好きなアルバムかも。

こばけん

ライブの場合、どのようなアレンジが行われるかが焦点でしょうね。クオリティの高さは相変わらずですが、まるで在り来たりの料理を有名シェフがゴージャスに仕上げたような感があります。ただ、年齢だけは全く感じさせませんね!普通のヒトとは違います!

FLOWER

うーん、何というか好き嫌いがはっきり分かれそうなアルバムですね。私はどちらかというと苦手なほうです。
明るく開放的と捉えてそれを良しと評価する人がいる反面、ありきたりで普通過ぎると感じる人もいそうです。
ただ、一曲目のプログレッシブ風の展開は鳥肌が立つぐらい素晴らしいです。

Y.Y.N.M.

最初聴いた時は、あっという間に終わってこちらが拍子抜けするくらいあっさりした印象だった。
しかし何度も聴くうち、全10曲どれもが完成度が高く完璧なアルバムだと思った。
1曲も嫌いな曲が無いなんて、80年代以来のことです僕にとっては。
この明るさ、キラキラした希望に満ちた音・・・
また一つ、プリンスはそれまでの殻を脱ぎ捨てたような新鮮さ。

love-shure

ほんとに明るい。個人的には、箱庭的アルバムが好きだけど、この開放感もいいですね。
やっぱり"GUITAR"が一番好きかな。それに、ガム太郎さんの挙げられている"The One U Wanna C""All The Midnights In The World""Resolution"もいい。
ただ、"earth"の付く2曲は、個人的には退屈でした。。。