NPG Prince Site

Parade (パレード)

Released:1986/3/31 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

●List

  1. Christopher Tracy's Parade (2:09)
  2. New Position (2:21)
  3. I Wonder U (1:40)
  4. Under The Cherry Moon (2:57)
  5. Girls & Boys (5:30)
  6. Life Can Be So Nice (3:12)
  7. Venus De Milo (1:54)
  8. Mountains (3:58)
  9. Do U Lie? (2:43)
  10. Kiss (3:38)
  11. Anotherloverholenyohead (3:58)
  12. Sometimes It Snows In April (6:48)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Arranged

David Z (10)

●Written

Prince
J.L.Nelson and Prince (1,4)

●Member

Wendy Melvoin (guitars and vocals)
Lisa Coleman (keyboards and vocals)
Bobby Z. (drums and percussion)
Brown Mark (bass and vocals)
Matt Fink (Dr.Fink) (keyboards and vocals)

●Aditional Musician

Susannah Melvoin (background vocals) (1,5,11)
Sheila E. (background vocals) (5) (cowbells) (6) (drums) (7)
Eric Leeds (horns) (5,8)
Atlanta Bliss (trumpet) (5,8)
Marie France (french seduction) (5)
Miko Weaver (guitar) (8)
Jonathan Melvoin (drums) (9)
Sandra Francisco (little gypsy girl) (9)
Clare Fischer (Orchestra arranged)

衝撃を与えた前作から1年も経たずにリリースされたこのアルバムは、プリンスにとって2作目の主演映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』で使用された音楽がメインに収録されています。
このアルバムは、当時プリンス本人と批評家でハッキリ批評が割れた珍しい作品です。批評家からは”最高傑作”との声も上がっていました。今でもこのアルバムを逸品という方は多いです。
一方プリンスは逆に「"KISS"以外は特に誇れるものはない。早く強力なアルバムを作りたい。」と自らアルバムを早く制作し過ぎた事を反省しています。本人の言った通り、全米で180万枚という数字はセールス的には失敗したと言えます。(ちなみに「Purple Rain」は1000万枚)

全体的には前作のサウンドを発展させ、無駄な部分そ削ぎ落とした非常にソリッドな感じのアルバムです。
全米No.1にもなった"KISS"や"New Position"は、シンプルなドラム&シンセサウンドのファンク・ナンバー、"Christopher Tracy's Parade"や"Venus De Milo"では、オーケストラを導入しています。また、"Girls & Boys"でホーン・セクションを上手く利用したソウル・ナンバーを聴く事ができます。

映画自体は決して良いとは言えません。どちらかと言えばB級です。
ですがアルバムは何回も聴いていく内にその魅力に惹かれて病みつきになっていく1枚だと思います。

【受賞】
●Grammy Awards
"Kiss":Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal
●American Video Awards
"KISS":Best Black Video
●Edison Awards[Netherlands]
「Parade」:Best International Pop Album

Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

KADO

個人的に、一番思い入れの強いアルバムです。
初めて聴いたのは6,7年前です。後頭部をハンマーで殴られたような衝撃を受けました。今まで、まったく経験したことのない音楽がこのアルバムにはありました。これを聴くまでプリンスは、「たくさんいる好きなミュージシャンのうちの一人」に過ぎなかったのですが、「ポピュラーミュージック史上最大の天才」だと確信しました。
最も好きな曲はラストの"SOMETIMES IT SNOWS IN APRIL"。こんなにラジカルなアルバムのラストが、最高に美しいバラード。完璧です。

 

 

ペーズリー

「KISS」のプロモ、大好きでした!!あのビート。
あのファッションも凄いセクシーで、、、、

こるペット

サントラということだからでしょうか?それぞれの曲がまとまっていて聴きやすいんですね。
飛ばしたりしないで最後までとうして聴くアルバムです。殿下のアルバムは毎回フルーツの盛り合わせみたいだから、最初に聞いたとき別の意味で新鮮に感じました。低音が弱く感じるのは私だけか?

perprin

「アンダーザチェリームーン」をレンタルして観て衝撃を受けた後、このアルバム買いました。このアルバムを聴くとあの映画がみたくなる。
不眠症気味だったとき、これを聴きながら眠りについてました。いつのまにか殿下に夢の中へと誘われているようで。まさに「ねぇ、プリンス連れてって・・・」にふさわしいアルバムだと思いました。

竜太

このアルバムも前作と一緒に全ジャンルに誇れる傑作だと思います。特にlife can…、another…などはプリンス以外には作れない音楽です。
キスも山も雪も男女もとてもイイ!アルバムとして見ても素晴らしすぎます。

kazu

特に「Life can be so nice」が好きなのですが、世間でそういう意見はあまり聞きません。DX-7な80年代に、よくこんな曲を御作りになられましたねえと感心するやら呆れるやら。ライブバージョンもイカすのですが。
「New position」のティンドラムが変態的で良いし、「Mountains」の大陸的響きも足を踏み踏みノリノリで気分良いですわ。「Sometimes it snows in april」の美しさで今晩も呑める。アルバム「Parade」で今晩も呑める。殿下は「Parade」が御気に召さないとの事ですが、そんなの知ったこっちゃ御座いません。
レヴォリューションとの仕事は今作で最後ともあって「さびしー」と当時は感じたものですが、今はそれはそれで良いのでしょうねと思います。
ズルズルとやってたって発展向上はありえないものね。NPGの新陳代謝が激しいのも納得がいくというもの。

ああVanity6…

これって確か、晴れて試験に受かり都立高校1年生になった春に出たせいもあって、非常に明るくあっけらかんとした印象持ってます。1曲目から開放的だしなあ。この作品は評判いいのでこんなこと書いたら殺されそうですが、なんか過去のエッセンスの焼き直しを感じてしまうのとAprilの明け透けなドラマ性にはいまいち馴染めませんでした。
無理やり理解しようとしてた部分があるのは否めません。インストもいかにもサントラ風で必然を感じないし、その映画はチャチイし。その分SheilaのLoveBizzareやJJの方が好きだったりもして…。他人名義では好き放題やれるけど、プリンスがプリンスたるべくして作られたような気もしてしまい、どこか作為的なものを感じてしまうのはもしかして俺だけ?それゆえにRevolutionを解散させてしまったとも思うのですが…。でも決して嫌いじゃないのですよ。
これ以前の殿下が持つ攻撃性や革新性、反社会性(とエロさ)を愛してるからゆえの感想ということで、どうかお許しを。
しかし初来日ライブ、横浜まで行かなにゃあならん、ということで授業抜け出して行った甲斐会って素晴らしかった。1曲目、スクリーンが降りっぱなしで(確かそうだった…人間の記憶と言うものは長く持たないのよん)ものすごく焦れたことを思い出す。生プリダンスに「お~うぃお、お~お」もあったもんな。
しかもまあ、前座がSheilaだしなんと贅沢なライブだったことか!ちなみに高校入試受けた帰りに吉祥寺で我がVanity6の日本盤LPを新品で購入したことはこれまた忘れがたい記憶である。

クーマン

アルバムとしてのまとまりが最高にいいと思う1枚です。“KISS”はホント名曲ですね。ジャケも好きですが、国内盤のCDの帯に書かれていた「ねぇ、プリンス連れてって…」のキャッチコピーもお気にいりです。

ツージーQコリンズ

パレードはなかなかソリッドあるね。音に厚みがないのはチョット嫌あるが音のマトマリに関しては好意的ね。リーゼントはイカシテルアルヨ。

春千番

ラルクアンシエルのスピリットドリームインサイドがクリストファートレイシーズパレードにそっくりなのでびっくりした!!!

イリタック

Sometimes it snows in april.
何百回も聞いた曲なのに、突然ラジオで流れて号泣してしまった。

nonvey

高校一年、初めて「Kiss」を耳にした時、それまで持っていたプリンスへの嫌悪感が少しだけ取れつつありました。
「kissって結構いい曲だよな」…こう言うと、プリンス好きの友人が半ば強引にこのアルバムを貸してくれました。針を落とした瞬間、滝に打たれたような衝撃。「Sometimes…」「Girls & Boys」はじめ、珠玉の名曲揃いとでもいえばいいのでしょうか。FunkyでJazzyでCoolで繊細。何度も何度も聞いてみました。何で今までプリンス嫌いだったんだろう?しばし自問自答…。よく考えてみると、まともに聞いたことなかったんですよね。単なる食わず嫌いだったのか…(苦笑)。
というわけで、私にとってのプリンスはこの作品が始まりです。
実はこの時、このアルバムがサントラだということを知らなかったのですが、その後ビデオレンタル屋で、中古ビデオのワゴンに積まれていた「アンダー・ザ・チェリームーン」を発見、500円で購入しちゃいました。当時かなり酷評されたようですが、私は結構好きでしたよ。

eazy

3枚目に買ったアルバムですが、僕の中では大人しい曲の多い地味なイメージ。「えっジャズもやっちゃうの? んー……それってちょっと……」って感じでしたね。
中では名曲「KISS」と陽気な「MOUNTAINS」が好き。
「KISS」はシングルとして先にPVがテレビでオンエアされていましたが、最初に見た(聴いた)ときはほんっとに衝撃的でした。カッコよかった。イントロのリフでドキドキでした。衣装もこの頃が可愛い。フリフリゴテゴテの「パープル~」から比べてえらくすっきりオシャレになったなと(笑)。
映画「アンダー・ザ・チェリー・ムーン」は前売りペアで買って見に行ったら、なんと公開3日目でもうすでに不入りで終了してた(悔し涙&女のコになぐさめられる屈辱)。
その後ビデオで見て「こりゃ客が入らんのももっともでわないかしら……」って。
僕としては欲求不満の残ったアルバムでした。「天才のくせに出し惜しみすんなよー! もっとガンガンいってくれよー!」って思ってました。当時は。

ポン

このアルバムはいつも行っていた「レンタルレコード屋」で流れてまして当時の自分はお金がなかったもので借りて聞いたアルバムです。当時としてはかなりの衝撃的な音でした。
音フェチな部分がある自分としては当時の最新のテクノロジーを大胆に使いこなすプリンスの凄さに圧倒されました。それにやはりプリンスはメロディメーカーとしての才能に溢れていると思います。ほんと名曲が多いです。
このアルバムの1曲目のエコーがガンガン掛かった強烈な世界から2曲目に移る時スーッと全くエコーがなくなり耳元で音が鳴っている感じ?に行く所なんてむちゃかっちょいいです。
KISSの大胆なシンセの音使いにも衝撃を受けました。
この頃のプリンスはほんと世間をアッ!と言わすもの作っていたと思います。次に出るアルバムが待ち遠しかった頃です。

NAGITAKU

大好きなアルバムです。1曲目から、ドォーっと最後まで一気にゴールと言った感じです。ポップで緊張感があって。ちょっと気になる曲は「LIFE CAN BE SO NICE」です。まるで、フィルムが切れたように終わるし、あのアレンジはヤケクソ(いい意味で)って感じ?それとも音を重ねていったら、こんな感じになりました?って感じでしょうか。あの曲だけはわからなかった。
下手したらボツですよ。「LIFE~」を上手くまとめたのが、「MOUNTAINS」だと勝手に思うんですけど。
でもアンダーザチェリームーンのサントラとしても、かっこいいアルバムです。映画も大好きです。パープルレインよりアンダーザチェリームーンの方をよくみるです。

ゆき

1曲目のドラムの音でヤラレました!最後の曲の美しさでヤラレました!いまだにヤラれっぱなしの1枚!

ルサーチ

プリンスのアルバムが素晴らしい理由の一つに、テーマがしっかりしている、という見方があると思います。
本作も、パレード、をテーマに全曲全て陽気かつ哀愁漂う仕上がりになっています。個人的には「Kiss」はあまり好きじゃないです。「Sometimes~April」を聴くと非常に涙を誘われます。
やはりプリンスはバラードが素晴らしい!ファンクありき、バラードありき、本当にジ、アーティストだとおもいます。

fujiyama

まさに、ハンマーで打たれました。高校のとき、この一枚で、人生が変わりました。おっしゃるとおり、ジャケも最高だとおもうし、何万回聞いた事か。
ウェンディーアンドリサがいたからこのような音になったかと思われます。
残念ながら結婚後のかれの作品に喜びを見出せないのですが、彼は本当に偉大なるアーティストだと思います。アポロニアとかヴァニティー、ジル、イングリッドも大好きです。マニアックかなあ。ジルのHPなんかしょっちゅうチェックしている。

かねやん

高校1年生の時にはじめって買ったCDでした。(86年当時はCDがようやく普及され出した頃)僕は「When Doves Cry」から殿下にズッポリとはまってしまっているのですが、CDを1枚目に買うのは殿下と決めていたので、予約をして発売日までワクワクして待っていた事を覚えています。
まずジャッケットにやられました。たぶん「Parade」のジャッケットは殿下の数あるアルバムの中でも最高やと今でも思います。1曲目の最初の”叫び”を聴いた瞬間ハンマーで殴られてしまっい、それからはもう至福の瞬間の連続・・・。高校1年生にこれ程きつい麻薬性のあるアルバムは当時なっかった。(まぁ、今でもやけど。)
本当尖ってましたね殿下は。今でも聴く度に当時の感動を思い出させる青春のアルバムでもあります。


私に降る雪はしらじらしく舞うだけで童心と駆けまわる戯れさえくれない...
この曲に降る雪は白銀の輝きを許されず心をも埋めてしまいそうな積雪...スノウインエイプリル。
(私小説風にキメた)
他の曲の詩?最終チェックでカット(涙)
詩じゃなくてレビュー書け!(自分に対して)

halfmoon

何故ゆえに『PARADE』に対する投稿が少ないのでしょう?
プリンス様の最高傑作と言ってもいいくらいの素晴らしいポップアルバム。百回聞いても千回聴いてもおそらく飽きないでしょう。ジャケットも1番かっこいい。(ジャケットのみに関しては90年以降悪すぎるような気がする…)
軽量級ファンクという感じのオンパレードの1から3曲目。渋い4曲目。いかにも殿下節の5曲目。そして圧巻なのはラスト『kiss』『anotherlover』『sometimes it snow in april』の流れ。最高!!
全体のトーンはジャケットのようにモノクロで地味な感じもするが、そこがまた飽きさせない魅力を生み出している。ちなみにスガシカオさんも好きらしい。
そういえば映画みたことない。