NPG Prince Site

Lovesexy (ラヴセクシー)

Released:1988/5/10 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

●List

  1. Eye No (5:46)
  2. Alphabet St. (5:38)
  3. Glam Slam (5:04)
  4. Anna Stesia (4:57)
  5. Dance On (3:43)
  6. Lovesexy (5:49)
  7. When 2 R In Love (3:58)
  8. I Wish U Heaven (2:43)
  9. Positivity (7:16)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Aditional Musician

Sheila E. (drums) (1,2,3,5,8,9) (background vocals) (5,9)
Miko Weaver (guitar) (1)
Levi Seacer, Jr. (bass guitar) (1)
Dr. Fink (keyboards) (1)
Eric Leeds (saxophone & voice) (1) (saxophone) (2,9)
Boni Boyer (keyboards) (1) (vocals) (4,9)
Atlanta Bliss (trumpet & voice) (1) (trumpet) (2,9)
Wally Safford (spoken voice) (1)
Greg Brooks (spoken voice) (1)
Ingrid Chavez (spoken intro) (1)
Cat (vocals) (2,4)

●Sampled

"Payback" by James Brown ('73) (1)
"Passing Clouds" by Roger Limb ('76) (1)

今ではワーナーから発売されましたが、世界で最も有名なブートレグ「ブラック・アルバム」をリリース1週間前で取り止め、その後発表されたこのアルバムはまさに全てが衝撃的なアルバムです。

まずこのジャケット!以前から上半身裸のジャケットはありましたが、これ程強烈なジャケットはないです。当時アメリカのCDショップでは店頭に陳列しないというトコもあった程です。
驚くべきはCDで、リスト上は9曲ですが1トラックしかありません!
つまり曲を飛ばして聴くことができず、オープニングからラスト・ナンバーまでずーっと聴かないといけないという凄いCDです。”俺の歌を飛ばすなんて事は許さない!”って事ですね。
(但しドイツ盤はキチンとトラックが切ってあります)

アルバムの収録順に録音され、僅か数週間で完成したこのアルバム、"I No"では、ドラッグや銃等に対しての警告を促しているし、"Anna Stesia"で神の啓示を代弁しているかのような歌を歌ったり、また"Dance On"ではTVで流れる暴力的なニュースに対する脅威を歌ったりと、これまでのどのアルバムよりも精神的なメッセージが多く見られます。
サウンド的には、前半では軽いR&Bにリーヴァイのベースが乗せて馴染み易くし後半ではラップとシーラEのファンキーなドラムが印象的な"Alphabet St."や、ちょっとサイケっぽいロック・サウンドの"Glam Slam"等が魅力的です。
ただ、サウンドや歌詞よりも先程も書いたジャケットが目立ち過ぎて全米でのセールスも散々な結果(英国では支持されましたが...)になりましたが、この純粋な歌詞には殿下の内面的な気持ちが表れている1枚だと思います。

余談ですが、"I No"の最初でイングリッド・シャベスのセリフが収録されていますが、この中で初めて"New Power Generation"というフレーズが使われ、これがその後のグループ名になりました。

【受賞】
●The International German Rock Award[Germany]
「Lovesexy」:Pop Album
●Edison Awards[Netherlands]
「Lovesexy」:Best International Pop Album

Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

prnprn

発売当時、ジャケットをもっとおとなしくして曲信号入れればスゲー売れるのに...と思ってました。当時はFMステーションやFMfanでヒットチャートをチェックして、プリンスがヒットしてると1人ニヤッとしてたものです。
アメリカでは11位止まりでもイギリスでは1位だったんだよなーアメリカ人はグラムスラムとか嫌いなんだろうね!
今はダンスオンの騒々しさがツボ。あー早送り面倒。

ペーズリー

「Alphabet St.」あちこちでビデオクリップしてて、何回も録って、1コマ1コマ送って見たものです。
全部(画面)違ってた、といっても過言で無いほど、とても凝ってたプロモ。これを見てから、この人は何でもかな~り凝った事をする、という前提のもとで見るようになりました。

ああVanity6…

評判悪いジャケのスバラシィ音楽。見た目で判断スンナよ、の教訓は相変わらず極端な表現で貫かれてる。しかし、やっぱどうにも毒気が少ないようで…。ビキニパンツや半ケツのような毒がすっかり抜け落ちてきてるのが如実にわかる第一弾。
一曲一曲そこだけを取ればかなりの出来なのに、どうにも「あ、これあの曲でも使ってた方法論」なんて粗探ししたくなくてもしてしまう自分がいて悶着してしまいます。最早プリンスの刺激に慣れてしまったからだろうか?そのせいかこのときの来日公演を見逃すという愚行をしてしまいました。かなりよかったらしいし、ブートで確認する限り、オレはバカだったとの後悔は尋常じゃなかった…。

NAGITAKU

LOVESEXYは、リアルタイムでは無いんです。頭出し出来ない、1曲丸々全部聴きなさいっていうのはビックリです。
PRINCEの曲で俺の好きなのは"Alphabet St"と"Sign O' The Times"と"KISS"なんだけど、この3曲に共通するのは、DEMOをそのまま出したって感じな曲だよね。
これがPRINCEなんだと思う。
ドラムマシーンに楽器が入って歌う。一見「骨と皮」のようなスカスカに見える曲。でも、この3曲は代表曲で、ブートでも色んなREMIXがあるんだけど、やっぱ原曲が一番いい!
この3曲の力強さ!説得力があり、どんなREMIXやカバーをやっても面白くない。特に"Alphabet St"はアルバムバージョンがいい。あの曲にもっと音を足していたら、だめだね。
安っぽく聴こえるんだけど・・・。でもそこには天才PRINCEの計算があるわけで・・・。その計算が結構良いわけで。
でも"Alphabet St"は俺には「Dream Factory」からのセッションだと思うんだけど。「LOCESEXY」の書き下ろしなのかな?

イリタック

”目 NO”の意味のわからない音の多さに「ほぇえ」と感心した高校時代、英語の答案に「I=目」とか「to=2」とか「for=4」とか書いて怒られたなぁ。

竜太

タイトル曲やポジティビティ、When 2 R in love など素晴らしい曲が入ってるのにアルバムとしてはあまり楽しくない気がします。でもこのアルバムまでは聞く気になります。
これより後のプリンスはなにを考えて曲を作っているのかわかりません。

さとだ

ずっとLPしか持っていなかったのですが、最近中古でCDを購入しました。以来、かなりの頻度で聞いています。
通俗的なメロディ(故意にでしょう、明らかに)のオンパレードを、リズムとアレンジで一大叙事詩に変えてしまう手腕に、改めて脱帽しています。
それでいて、明るく、天上の音楽のイメージが溢れている。『Around~』から続いた密室4部作の中で、やはりこれが一番開かれたイメージを受けます。
今の彼に続く端緒は、すでにここにあったんだなぁと。

mune

彼の性倒錯した気持ちの悪いジャケットに思わず吐き気が…しかし、内容は実にリズムが地味に心地よく、しかし、それでいて神秘的で壮厳な感じもする一枚。
このアルバムで彼は最も創造的かつ神聖な境地に立ったのでは?曲選択ができないのは神の仕業か?あえてMDに録音し、曲選択をできるようにした私は罪人か?90年代の彼の作品のようなヤカマシさはないがパワーはこっちが上。
ところで、ジャケットは金髪のねーちゃんの方がよかったのにな。

マハラ

久しぶりにこのアルバム聞きました(実はなくしちゃってて...)だけど帰ってきてくれてありがとう
もうキミを離さないよ!
ALPHABET 初めて聴いた時もそうでしたけど「新しい」ってイメージがあります。
ANNA STESIA 一番巻き戻し回数多いかな、もう一回聴こうと思って曲数の事忘れてて、何度殿下の罠にハマったことか....
全体的にもやさしい感じで大好きです!


買う時レジに人がいないのを十分確認し、裏側にしてだし「もたつくなよ、店員」と焦った昨日...
帰り道あと1曲聴いたらなんて思っているうち74キロ走ってた。アナ・ステシアが特にいい(注:昨日の今日)
74キロの疾走を込めて

mino

Glam Slam,それからWhen 2 R In LoveからI Wish U Heavenへとつながる部分が特に大好きです。
Glam Slamはビデオもかっこいいですね。出た頃はギターでいつも弾いて歌っていました。以降の作品の流れからすると頂点かもしれません。ここまでが本物のプリンスだと感じる人がいるのも理解できます。

ユタカ

完全主義らしい彼の、心の聖書のようなアルバム。これは、プリンスの到達点と考えて間違い無いでしょうね。
当時、「ブラックアルバム」をボツにしてこれを出した、という経緯を考えれば、この洪水の様に湧き上がる至福の音に、僕はデレデレ状態に成りながらも、「これでプリンスの冒険は、終わったな・・・」と直感的に悟っていました。