NPG Prince Site

Love Symbol (ラヴ・シンボル)

Released:1992/10/13 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

●List

  1. My Name Is Prince (6:38)
  2. Sexy M.F. (5:24)
  3. Love 2 The 9's (5:44)
  4. The Morning Papers (3:57)
  5. The Max (4:30)
  6. Segue (0:21)
  7. Blue Light (4:37)
  8. Wanna Melt With U (3:50)
  9. Sweet Baby (4:01)
  10. The Continental (5:30)
  11. Damn U (4:24)
  12. Arrogance (1:35)
  13. The Flow (2:25)
  14. 7 (5:12)
  15. And God Created Woman (3:18)
  16. 3 Chains O' Gold (6:02)
  17. Segue (1:29)
  18. The Sacrifice Of Victor (5:41)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Written

Prince
Tony M. (Rap written) (1)
Prince, Tony M. and Levi Seacer, Jr. (2)
Prince and Tony M. (12)

●Member

Mayte (vocals)
Levi Seacer, Jr. (bass,rhythm guitar)
Sonny T. (bass guitar)
Tommy Barbarella (keyboards)
Michael B. (drums)
Tony M. (rap)
Damon Dickson (background vocals)
Kirk Johnson (background vocals)

●Aditional Musician

Eric Leeds (saxophone) (7)
Clare Fischer (orchestration) (11)
Michael B. Nelson (trombone) (2,3,4,12,13,15,16,18)
Carmen Electra (rap) (10)
Kathy Jensen (baritone saxophone) (2,3,4,12,13,15,16,18)
Dave Jensen (trumpet) (2,3,4,12,13,15,16,18)
Brian Gallagher (2,3,4,12,13,15,16,18)
Steve Strand (2,3,4,12,13,15,16,18)
Kirstie Alley (Vanessa Bartholomew) (6,11,12,17)
Michael Koppelman (bass) (7)
The Steels (Fred,JD,Jearlyn,Jevetta Steele) (background vocals) (18)
D.J. Graves (scratching)
Lowell Fulson (sampled "Tramp") (14)

ロージー・ゲインズがソロ・アルバムをリリースする為に脱退し、代わりに加入したのは後にプリンスの奥さんになるマイテ・ガルシア嬢を迎えたアルバム。
」という記号のみのタイトルでリリースされました。日本盤を含む他のメディアではこのアルバムを「Love Symbol」と呼ぶようになっています。

表ジャケットには近未来の町並みで踊るマイテと演奏するプリンス、裏ジャケットはピラミッド、曲順はギリシャ数字で記載されているこのアルバムは、「Diamonds & Pearls」頃に書いてる途中でマイテの登場し、その為殿下が方向転換した混成アルバムと思います。
イントロで「Prince」に収録されている名作"I Wanna Be Your Lover"がコラージュされているファンキーなナンバー"My Name Is Prince"では「俺はプリンス、俺はファンキーなのさ 俺はプリンス、ワン・アンド・オンリー」、「7日目に神は俺を造った」と聖書をモチーフにして力強く歌ったり、前作収録の"Get Off"の発展系とも言える先行シングルの"Sexy M.F."はその放送禁止用語のタイトル及び歌詞の内容でラジオでのプレイは敬遠される等かなり攻撃的な歌があったかと思えば、初期の作品の様な感じがする"Love 2 The 9's"、"Blue Light"で聴かせるレゲエ、そうかと思うと"7"では鈴の音が聞えてくるオリエンタルなミドルテンポのロックと様々なサウンドが盛り込まれています。
良い意味ではバラエティに富んでいますが、悪く言ってしまえば”纏まりがない”アルバムになっています。

プリンスの精神状態が顕著に表れているのが"The Sacrifice Of Victor"のイントロでプリンスと女性レポーターの会話です。名前を聞かれれば「ヴィクター。プリンスじゃないよ」とか、年齢を聞かれると「320歳」とか....。このアルバムの翌年(1993/6/7)にプリンスは改名宣言しになってしまいました。この事からも、このレコーディング時期にプリンスとしての活動に不満や葛藤があったのではないかと考えられます。
そういったマイナス要因がアルバムに反映されか、アルバムは当時200万枚程のセールスと低迷した結果となってしまいました。

【1992年の受賞】
●BRIT Awards[UK]
Best International Solo Artist

●Sampled

"Is This Love" by Bob Marley and The Wailers (1978) (7)
"Tramp" by Lowell Fulson (1966) (14)

Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

lov

私はこのアルバムで人生変わったようなものです★
プリンスの美しい人柄にも完全にやられてしまいました(@ー@)
全体的に絵巻のような物語調になっていて一人孤独なプリンスからマイテとの愛に目覚めてより強くなったところがよく表現されてて女性の目から見ても、とてもロマンチックです。
何よりこんな世界観を音楽だけで創れる人ってそうそういないし。
マイテも最高にキレイで言うことなし!

ああVanity6…

ごめんなさい、この作品は一番がっかりしました。だってなんでいまさらオレの名前はプリンス、なの?SexyMFもダメだよ、こんなにイージーにMFなんて言っちゃ!これ聴いてプリンスってBADだぜ!なんて思う人は、マイケルのBADを聞いてもそう思うのかな?
サウンドはマイケルのよか遥かにかっこいいけど、メッセージが幼稚過ぎる点はマイケルと同レベルかな?殿下がこの曲やるのは10年遅かった。この時代にMFって言ってサマになるのはラッパーだけだよ、ああトホホ。
全体的にも散漫という印象が否めない。いろんな要素がとっ散らかってしまってて一本通ったスジがオレにはわからないのです(誰か教えて~)。ロックオペラ調の曲やジャジーに迫るのも、どこか頭デッカチで耳なじみが悪くって。
PVもヘタなセット使ってストーリー付けるよか、SexualityやAutomaticのよーなチャチい方がもっと説得力あったように感じてしかたない。でも時代は流れ、ビッグになるっていうのはこういうことなんだろうな。ああ、無常の世の中よ。

マハラ

私もmorning papers、この曲が大好きです。
訳詞ですけど「君の顔にかかる月光に、君の髪にかかる雨滴」ってとこが染みます...。
このアルバムの中のこういう曲だから特に切なく感じるのかな....

ジャッキー

後に出るビデオ「3 chains o'gold」を見れば分かるのですがこれは謎の女性マイテとの出会いと恋愛、改名という心境の変化、といったファンにはわかりやすいストーリーのサウンドトラックと言えるでしょう。
ただ、CDを聴いただけでは焦点が合ってないカンジで通して聴くのは少しツライですね。
でも、My name is Prince からThe morning papers までの流れは今でも大好きです。

mune

このアルバムはどちらかと言えば印象が薄いですね。クオリティーは高いと思うし、音も十分な程練ってあり重厚とゆうかね…要はキレイすぎるっていうかんじです。
あまりにも凝って装飾がなされているから聞いてると疲れてしまいますね。
セクシーMFは好きなんですけどね…なんてゆうか、こう耳に残らないですね。もうすこし、耳にへばりつくねちっこさが欲しいですね。


このアルバムを聞いて「仕事中ふと思い出す殿下のフレーズに対する瞬間的フルフレーズ再生法」を模索。
頭の中では鳴ってるんだけど一つにならない。
それがまた魅力のようなただ単に聴きこみが足らんのか?

mino

好きな曲(Blue Light,Love of the 9's,Damn U)と、なんかしっくりこない曲(7,Sexy MFなんですが)が混ざっていて、聴いていてもあまりのめりこめません。
かなり実験的な部分を含んでいるアルバムだし演奏もNPGは素晴らしい(Damn Uのギターソロはホント最高)とは思いますが、良いと思う時間とそれほどでも、と思う時間が交互に出てくるアルバムです。

ジャスティーン

プリンスのアルバムで一番よく聴くのがこれなんです。この頃20歳くらいでいろいろ楽しい思い出と共にて感じなのですが、今でもよく聴いてます。中でも"サクリファイス・オブ・ヴィクター"がめちゃいい感じで大好きです。
NPGのメンバーもなんかたくさんいてダンサブルないいアルバムじゃないかなて思います。
トンガリめのプリンスが大好きなんですけどわかりやすいポップアルバムも何枚も作ってるプリンスもやっぱいいですね。

セブン

このアルバムにはとてつもなく思い出があります。友人からプリンスの存在を教えてもらって、借りたのがこのアルバム。そして、7を聞いてはまってしまいました。
それまではバッドマンしか知らなかったのですが、今までのアルバムを聞いてみたり、プリンス主演の映画をみたり、、と懐かしいですねぇ。7が私のHNにもなってます。
今でもたまに聞くと新鮮です♪

NAGITAKU

このアルバムも、時代には、勝てなく殿下も、仕方が無くこういう感じに仕立てたと、言う感じです。
買った当初は"やけに長ったらしいなぁ~"と思いました。正直"SEXY MF"まででした。でも、まさかの"7"がヒットしました。ちょっとびっくりでしたよ。
この年くらいからブートを集めはじめました。でも、今ではこのアルバムは殿下のなかではベスト5には入ります。本当不思議です。