NPG Prince Site

LotusFlow3r (ロータス・フラワー)

Released:2009/3/24 (lotusflow3r.com download) 3/29 (Releace) | Label: NPG

●List

  1. From The Lotus... (2:47)
  2. Boom (3:19)
  3. Crimson And Clover (3:52)
  4. 4ever (3:48)
  5. Colonized Mind (4:48)
  6. Feel Better, Feel Good, Feel Wonderful (3:53)
  7. Love Like Jazz (3:50)
  8. 77 Beverly Park (3:04)
    Wall Of Berlin (4:17)
  9. $ (3:57)
  10. Dreamer (5:31)
  11. ...Back 2 The Lotus (5:35)
LOTUSFLOWE3Rのダウンロードでは"Crimson And Clover"の変わりに"The Morning After (2:06)"が収録。
●Produce,Arranged,Composed,Performed

Prince

●Written

Prince
Tommy James, Peter Lucia Jr. (3)

●Aditional Musician

Michael B. (drums) (1,5,7,9,12)
Sonny T. (bass) (1,5,7,9,12)
Támar Davis (vocals) (4,5)
Bria Valente (vocals) (4,5)
Shelby J. (vocals) (4,5)
Marva King (vocals) (4,5)
Maceo Parker (saxophone,vocals) (10)
Greg Boyer (trombone,vocals) (10)
Mike Phillips (saxophone,vocals) (10)
Lee Hogans (trumpet,vocals) (10)
C.C. Dunham (drums) (2,4,10,11) (The Morning After)
Joshua Dunham (bass) (2,4,10,11) (The Morning After)
Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (keyboard) (2,5) (The Morning After)

●Cover

"Crimson and Clover" by Tommy James and the Shondells (1968) (3)

●Sampled

"Quit It" by Miriam Makeba (1974) (5)

本国アメリカやヨーロッパで定期的にライブを開催したり、公式サイの3121.comでも未発表曲を聴けたりと順調な反面、プリンスの弁護士側からファン・サイトに対して画像削除要請、Youtube等の動画サイトへの削除依頼、レコード会社やファンに向けて歌った"PFUnk"(後にF.U.N.Kに変更)を公式サイトやiTunes Storeで発表、そして'07年12月末に3121.comの閉鎖等・・・話題に事欠かないプリンス。
暫く動向が不明瞭でしたが'08年10月に初の写真集(ライブCD付)「21 Night」を販売辺りから活発になり、同時期辺りで以前3121.comで発表されていたブリアの"Another Boy"をiTunes Storeで販売、そして'09年1月にLOTUSFLOW3R.com(ロータスフラワーの意味は蓮の花)という新たな公式サイトをオープン。
この公式サイトをオープンに合わせてリリースされた本作は、前述のブリアのソロアルバムを含め3枚組、しかも米ディカウント・チェーンのTagetからの限定発売で価格は$11.98という低価格でのリリース。当初この"限定発売"という事でアメリカ以外での購入は難しいかと思われましたが、実際はLOTUSFLOW3Rサイトでのダウンロード販売(年会費$77)、大手CDショップでも価格は少々高めになりましたが販売されました。

参加メンバーは、レナートが抜けていますが基本的には前作「Planet Earth」のNPGメンバーです。
雷雲の様なイントロの後プリンスのギターが流麗なインスト・ナンバーの"From The Lotus..."はジャケットの怪しさとピッタリなオープニングで、続く"Boom"との繋がりも含めこのアルバムの全体像を集約しています。続く"Crimson And Clover"はTommy James & The Shondellsのカバーで妖艶なPVも必見です。ちなみにダウンロード版では、この曲の代わりに"The Morning After"が収録されていて、こちらは一転してキャッチーなサウンドとサイケっぽいキーボードで魅力的な1曲ですが、全体の繋がりとしては"Crimson~"の方がしっくりくるかな?と思います。

バック・ヴォーカルにテイマーが入ってる辺り「3121」と「Planet Earth」の間頃に収録されたと思われる静かなオープニングから徐々に高揚していく様が秀逸な"4ever"や、ちょっとダークな"Colonized Mind"。ファルセットやシャウト、ヴォーカルの多重録音といったプリンス・サウンドの良いトコを詰め込んだファンキーな"Feel Good, Feel Better, Feel Wonderful"(タイトルと歌詞の順番が違うのはワザと?)、タイトル通りのジャジーなナンバーの"Love Like Jazz"、オールド・スタイルのロックン・ロールをプリンス風にアレンジした"$"、ジミヘンみたいなヘヴィなギター・サウンドが特徴的な"Dreamer"、そして冒頭と連動した形のインスト・ナンバー"...Back To The Lotus"で幕を閉じます。
前述の"4ever"も含め、過去に公式サイト流れた事のある"Feel Good~"、女性の吐息とヘヴィーなギターから一転してアコギのサウンドが涼やかな"77 Beverly Park"等、お蔵入りの楽曲をアルバムとしてリリースした様にも思えます。とは言えプリンスの場合、ストックの中からアルバムを作成する事はよくある事で、本作もギター・サウンドに重きを置いた良盤かと思います。

同アルバム収録の「MPLSound」と「Elixer」はそれぞれ別に記載しています。

レビューを書く

ファム・レビュー

トゥルットゥ

「それじゃいくよ」 温かく優しく語るように歌って…裏腹に激しく泣くギター何かを暗示するかのように
そして"Purple Rain"か…と 思わせるかのような… 天才がすべてを紫色に変えていく…
もう前例のない世界へ「NEW WORLD」壮大な草原か砂漠か海原か辿りついたのは 砂漠 嘆きのギター
歌詞は今のところわからないのですがとてつもなく哀しい! 人生というのか生まれ育ちそして老いて行ながらも、人間の強さを奏でているような…
でもなんだかんだガラッと一転 ファンキーだぜ 俺はそれはそれとしてうわ~これは凄い凄いです
少しだけリラックスしてリッスンしてて…でも問題をどんどん投げかけてくる!!ギターに乗せてそこにはロックなPrinceほどばしるENERGY
でも一瞬のハズシ…これぞ天才にくいねにくいね惹かれる理由ですねヨーロッパへ誘われる
そして 重厚なドラムに軽快なギター余裕で、力を抜きながらクールにキメてくれます流石の一言
やばいよ そうなっちゃいます?とてつもないアルバムだと思います。

padma

ロータスと言えばサイケ、ヒッピー、ニューエイジ、ブディズム・・・・この蓮は白か赤か青か・・・やっぱり紫なのか・・・・
音色や曲調や色調はあの頃を彷彿させるし・・・・エホバを仰ぐ殿下が今頃どうして・・・・
などという私の偏狭な思考や屁理屈をぶっ飛ばして灼熱のギターが炸裂し、あとは快楽の47分。
長くない曲が曲間なく繰り出され、テンションが無茶苦茶高かった頃とはまた違った、熱く、やさしく、美しい・・・・慈愛に満ちたエネルギーに圧倒されます。
この神はまた私を導いてくださる・・・・
そんな思いがこみ上げてくるほど、私は気に入っています(今のところ)