NPG Prince Site

Girl 6 (ガール6)

Released:1996/3/19 | Label: NPG, Warner Bros.

●List

  1. She Spoke 2 Me - Prince (4:19)
  2. Pink Cashmere - Prince (6:15)
  3. Count The Days - New Power Generation (3:26)
  4. Girls & Boys - Prince and The Revolution (5:31)
  5. The Screams Of Passion - The Family (5:27)
  6. Nasty Girl - Vanity 6 (5:14)
  7. Erotic City - Prince and The Revolution (3:53)
  8. Hot Thing - Prince (5:41)
  9. Adore - Prince (6:31)
  10. The Cross - Prince (4:46)
  11. How Come U Don't Call Me Anymore - Prince (3:53)
  12. Don't Talk 2 Strangers - Prince (3:11)
  13. Girl 6 - New Power Generation (4:04)
は新曲
●Produce,Arranged,Composed

Prince
David Z. Rivkin (5) (engineer) (4,5)

●Written

Prince
Prince (lyrics), Tommy Barbarella (music) (13)

●Aditional Musician

Levi Seacer, Jr. (guitar) (1)
Michael B. (drums) (1,3)
Sonny T. (bass) (1,3) (vocals) (3)
Tommy Barbarella (keyboards) (1,3)
Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (keyboards) (1,3)
Michael Nelson (horns) (1)
Brian Gallagher (horns) (1)
Kathy J. (horns) (1)
Dave Jensen (horns) (1)
Steve Strand (horns) (1)
Kirk Johnson (drum) (13)
Nona Gaye (vocals) (13)
Clare Fischer (orchestration) (2,5)
Wendy Melvoin (guitars and vocals) (4)
Lisa Coleman (keyboards and vocals) (4)
Brown Mark (bass and vocals) (4)
Bobby Z. (drums) (4)
Dr. Fink (keyboards) (4)
Sheila E. (vocals) (4,7)
Eric Leeds (saxophone) (4,8,9)
Atlanta Bliss (trumpet) (4,9)
Susannah Melvoin (vocals) (4,5)
St. Paul Peterson (vocals) (4)
Jellybean Johnson (drums) (4)
Jerome Benton (4)
Miko Weaver (guitor) (4)
Marie France (french seduction) (4)
Vanity (vocals) (6)
Brenda Bennett (vocals) (6)
Susan Moonsie (vocals) (6)

本人が出演しない映画のサントラ盤としてはティム・バートン監督の「BATMAN」以来、2回目。
今回はスパイク・リー監督作「Girl6」のサントラ盤です。

これまでのサントラと違い3曲の新作以外は全て過去のプリンスのアルバム又はプリンス一派のアルバムに収録された曲で構成されています。
また旧作はともかく新録の名義は改名宣言したにも関わらず”プリンス”になっているというファンとしては複雑なアルバムです。

この映画はテレフォン・セックスのオペレーターとして入社した女性の話で、その女性の源氏名(?)が"Girl 6"というプリンスのこれまでの作品にありそうな作品です。本来は、上記の収録以外にも"Nothing Compares 2 U"や"Raspberry Beret"等数曲が流れたのですが何故かこのアルバムには収録されていません。

このアルバムには、ここ数年プリンスがやってきたジャジーな感じの"She Spoke 2 Me"に、ファルセット・ヴォイスが魅力的でキャッチーな"Don't Talk 2 Strangers"、ノーナ・ゲイとデュエットしているプリンスの真骨頂とも言えるジャジーでファンキーな"Girl 6"が新曲として収録されています。
新旧のサウンドの混成サントラですが、旧作なのに新曲と比べてまったく遜色がない所等、改めてプリンスのクオリティの高さが伺えるアルバムです。
願わくば使用曲の全曲を収録したコンプリート盤をリリースして欲しかったんですけどね・・・

Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

俊児

She Spoke 2 Me は好きな曲の一つです。JAZZ ROCK FUNK と欲張りな私にもってこいのAORな曲です。最初はホコリかぶってたけどね、あんましだった・・・

ユタカ

選曲的には中途半端で、なんだかな~という感じ。んがしかし!これはリマスタリングされてるんでは・・!
あの曲も、そしてこの曲も比べ物にならないくらい音が良い。
これ聴いて益々リマスターシリーズを切望する次第です、はい。

ああVanity6…

我がVanity6のCD(輸入盤。日本盤はないの?)を最近入手するまで唯一NastyGirlが聴けるCDだった。
レコード聴くのもったいなくって。「7インチ以上ないとイヤ」「終わったら起こしてねぇん」…チープでエロくてプリ印ばっちりのいい曲っす。
他にもScreamsOfPassionという隠れた名曲も入ってて◎。90年代プリンスにウンザリ気味だったので、これ聴いてるとやっぱこういうプリンス好きだったなあ、なんていうのを再確認してしまう。まあ、選曲的にはよくわからないものがあるし、映画を観てないので関連性がよくわかんないけど、一応性な路線行っといて聖も出てくる、という感じか?プリンスの作品を自演他演で味わうには結構いいCDです。NastyGirlが気に入った人はぜひVanity6のLPもどうぞ。
エロさとユーモア溢れる秀作です!特にIfAGirlAnswersという、ほとんど落語でヒップでファンキーな1曲は一聴(一笑)に値します。TheTimeの寸劇部分に近い、強引かつノー天気なシチュエーションはまさにあの時代の真骨頂!

ピーポー

レンタルで済ましちゃいました…。まぁ、殿下の裏ベストといった感じでしょうか…。

mino

She Spoke 2 MeとDon't Talk 2 Strangersに出会えたからそれだけで嬉しいです(ブートをあまり聴いていないので)。特に後者は本当に気に入っています。
プリンスのすごさというのはこういう単純で、薄いアレンジのフォークソングみたいな曲を歌い切る曲で特によく出ている気がします。
後のチャカカーンヴァージョン(しっかりアレンジしてある)より数段素晴らしいと思うのですが。

ジャスティーン

映画は観てないのですが、スパイク・リーとプリンスの組み合わせっていいですね。
内容も個人的にピンクカシミアが好きなんでコンピレーションとして聴けばプリンスらしいいいアルバムですよね。
プリンスってビジュアルがああだからこういう曲ばっかり集めて聴いてみてもなんか違和感ないですね。