NPG Prince Site

Dirty Mind (ダーティ・マインド)

Released:1980/10/8 | Label: Warner Bros.

●List

  1. Dirty Mind (4:11)
  2. When You Were Mine (3:44)
  3. Do It All Night (3:42)
  4. Gotta Broken Heart Again (2:13)
  5. Uptown (5:30)
  6. Head (4:40)
  7. Sister (1:33)
  8. Partyup (4:24)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Aditional Musician

Dr.Fink (keyboards) (1,6)
Dez Dicarson (guitar)
Bobby Z (drums)
Andre Samone (base)
Lisa Coleman (Keybord) (Vocal) (6)


"I Wanna Be Your Lover"が大ヒットし、結果的にはプラチナ・ディスクを獲得した前作の次という事もあってワーナーもユーザーも今作を期待しましたが、このアルバムはその期待を見事に打ち破ったアルバムとなりました。
1stシングルの"Uptown"はそこそこヒットしたのですが、ジャケットはより過激になり低年齢ユーザーの購買意欲が薄れて行きました。それに加え、タイトル・ソングの"Dirty Mind"ではセックスに対する描写が色濃く歌われ、さらに"Head"では男性のシンボルを歌ったりしています。

当時センセーショナルなこのアルバムは結果的に散々な目に遭いました。
サウンドは前作までに確立したファンキーなダンス・サウンドからを少しは残していますが、ファンクとロック色を強くしセックス・アピール度が加速していった為に、よりアダルト指向のアルバムに変わっています。
サウンド面もさることながら、録音スタイルもここから変わってきました。
まず、録音をスタジオから自宅の地下室に移し、誰にも束縛されずに製作しています。次にこのアルバムからバンド形態をとっている事です。といっても”Dirty Mind”はDr.Finkと共作ですが、それ以外は楽器演奏からすべて自分でおこなってます。ジャケットの裏に映ってるメンバーは、最終の段階で入って来たと考えられます。

このアルバムは上記の歌詞や容姿で一部批評家からはかなり酷評されていた事もありますが、客観的に考えれば、これまでの成功を払拭してまでも新しいサウンドに移行する姿勢。それをたった1年で実現したこのアルバムはやっぱり凄いです。


Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

soul

高校の時にギターをやってた友人がプリンスで唯一持ってたのがこのアルバムでした。ノリのよいWhen You Were Mineを一緒に歌ったりして、まさに青春の一曲でした。

Party Upを聴いてただラブソングを歌うだけのアーティストではないということを認識した思い入れの強いアルバムです。

MN

このアルバムチープで大好き。When You were Mine大好きですー。Up Townもいい。
でもやっぱりWhen you were Mineにはかなわない。Strange Relationshipに並ぶ名曲。

ああVanity6…

中学時代、エッチな曲を歌ってると知ってからは英語の勉強ということにしつつ、プリンスの歌詞の意味を探り続けた私であったが、Headはわからんかった。しかしその後、このくらいの年代のガキであればそうであるように、ドコからともなく情報は入ってくる(笑)。
オーラル***という情報を得たのであったが、それがなんだか想像しつつもまだよくわからん。無謀なことに担任の先生に聞いてみたら、「そんなもん知らんでいい!」と一括されたことを思い出す…。
それはともかく、俺のプリンスベスト作の一つ。
極力加工するのを控えた、無添加天然醸造のプリンスここにあり、と思うのは褒めすぎか?ちなみに俺の姉貴は32歳って、これやっぱ殿下が若かりし頃(この頃でも若い!)、親のベッドルームで読んだポルノ雑誌の影響受けて書いたんですかねぇ…。楽しすぎ。

竜太

一番いいアルバムっていったらアラウンドワールドかパレードだけどこのアルバムはどってもいい(特に一曲目)。
パープル、アラウンド、ラブセクシーはジャケットどうり音もカラフルだったけどプリンスは意識的にこのアルバムとパレードのジャケットと音を白黒にしたんじゃないのかなぁとおもっちゃうんです。
ちなみにサインは三色くらい。意味わからなくてすいません。楽器や演奏について良くわからないけどとにかく一曲目はハンパじゃないとおもいます。
一曲目の途中ドラムのテンポ(もしかしたら他が)ずれる気がするんだけど勘違いかなぁ?誰かおしえて

masa

16歳のとき"HEAD"の歌詞の意味を初めて知った時、それまで教室で歌っていた自分がすごく恥ずかしくなったのを覚えています(もう20年も前かぁ・・・)。
当時周りにPRINCEを聞いている友達があまりいなくて、唯一聞いていたK君の家に遊びに行ったら、アナログ盤に付いていたビキニ・パンツでシャワ-を浴びているPRINCEのポスターが壁に貼ってあり、さすがにひきました。

今でもこれが一番エレクトリック・ファンク色の強いアルパムの様に感じます。

35

[DIRTY MIND]というタイトルの割りには、音的には、そんな感じがあまりしない作品です。詞の方は、結構キてますけど。
前半4曲が前作的で[WHEN YOU WERE MINE]のアコギの音なんかは、「さすが…」と、思ってしまいます。後半4曲の方が、FUNK色が強く[PARTYUP]終盤のコーラスなどは、殿下らしくて、結構気に入ってます。
全8曲。収録時間 30分という内容は、今の殿下の作品からすると、考えられないくらい淡泊で、そのあたりが、評価の割れる所じゃないでしょうか。
どうでもいい事ですが、殿下ってばデベソですね…。(スミマセン)

紫雨

初めて買ったプリンスのアルバム。確か高校2年の夏だった。1曲目のイントロを聞いた時、自分が探していた音楽はこれだ!と確信したのを覚えてる。
今聞くと全体的に粗削りだけどそこが逆に魅力的。When You ~ は当時彼女に降られた自分のテーマソングだった…まさに青春の一枚、アルバム自体は性春の一枚。

ガム太郎

ジャケットがいいですね。カラーで撮影されたものを「モノクロにしたい」と言ったのは殿下だそうです。
バックは撮影用に買ってきた安い中古ベットのスプリングです。左端にある白いものは何でしょう?
普通のラブソングじゃない曲が目白押しで、ギター・ドラム・シンセ・ベースのシンプルなコンビネーションをたっぷり堪能できます。
あと300回ぐらい聞いて自分の血肉にしたいアルバムです。