NPG Prince Site

Come (カム)

Released:1994/8/16 | Label: Warner Bros.

●List

  1. Come (11:13)
  2. Space (4:28)
  3. Pheromone (5:08)
  4. Loose! (3:27)
  5. Papa (2:48)
  6. Race (4:28)
  7. Dark (6:10)
  8. Solo (3:48)
  9. Letitgo (5:33)
  10. Orgasm (1:39)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Written

Prince
Prince, David Henry Hwang (8)

●Aditional Musician

Mayte (background vocals) (6)
Michael B. (drums) (2,5,7)
Sonny T. (bass) (2,5,7)
Tommy Barbarella (keyboards) (2,7)
Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (keyboards) (2,7)
Michael B. Nelson (trombone) (1,6,7,9)
Eric Leeds (flute) (9)
Ricky Peterson (keyboards) (9)
Steve Strand (trumpet) (1,6,7,9)
Dave Jensen (trumpet) (1,6,7,9)
Kathy J. (baritone saxophone) (1,6,7,9)
Brian Gallagher (tenor saxophone) (1,6,7,9)
Kathleen Bradford (background vocals) (9)
Vanity (voice) (10)
Jearlyn Steele Battle (sample "Face the Music") (6)

●Sampled

"The Jam" by Graham Central Station (1975) (2)
"Do the Funky Penguin (Part 2)" by Rufus Thomas (1971) (2)
"R.E.A.L.I.T.Y." by KRS-One (1995) (5)
"Song of Love Overdue" by Lady Blacktronika (2013) (8)
"Funky President (People It's Bad)" by James Brown (1974) (9

スペインのサグラダ・ファミリア教会の前で撮られたアルバム・ジャケット、そしてPrinceの下に記載してある"1958-1993"。つまり生まれてから'93/6/7に発表された改名宣言までの35年間のプリンスとしての生涯を締めくくる為にリリースされたアルバムです。
'93年4月にワーナーに対し、新しい曲は作らず既にストックしてある500曲以上あると言われる未発表曲でアルバムを作ると通告し、その中からセレクトされたこの10曲をアルバムとして発表されました。

レコーディング中にも顔に”SLAVE”(奴隷)と書き、殿下としては不本意で制作したアルバム。タイトルは全部1語で表現され、歌詞も"Come"や"Orgasm"等露骨なセックス描写が書かれたかと思うと"Race"は人種差別、"Papa"では幼児虐待等社会性のあるメッセージ・ソングが書かれています。
この辺りの統一感のなさからも同時期に書かれた曲でない事が判りますが、通して聴くと意外としっくりくるのがプリンスの成せる技なんでしょうね。

サウンドはポップさや元気なロック・サウンドを拒み、ソウルやR&B、ファンクをベースにダークな感じで構成されています。
ところがこのダークなサウンドがめちゃくちゃカッコ良くて"Race"他で聴かれるNPGホーンズのホーン・セクション、音楽酔いしそうな混沌としているがドラムとギターのリフがカッコイイ"Loose!"、唯一キャッチーな"Letitgo"のファンキーなベースやスキャットするプリンスのヴォーカル、そして"Dark"で聴かせるプリンスが演奏するハモンド・オルガンとファルセット・ヴォイスがたまらなくソウルフルで良いです。

ある意味”寄せ集め”で作られたこのアルバムですがサウンドのクオリティ、発想の豊かさはハンパじゃない事を証明しています。
に転生する為のプリンスの遺書と受け取れる"Letitgo"が収録されたこのアルバムは、正にプリンスの決意を物語るようなアルバムだと思います。

唯一このアルバムで困るのはラストの"Orgasm"。これは「Lovesexy」のジャケットとは別の意味で恥ずかしくなる楽曲ですね^^;

【1994年の受賞】
●Celebrate The Soul Of American Music Awards
Living legend

Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

 

 

ジン

このアルバムは あまり評価のされにくいアルバムですが 僕は名盤だと思っています。ダークでファンキーでいろんな意味で大人の香りがプンプンします 笑
曲の流れがすごく良いと思うし、少しコンセプトアルバムの様な感じもしますね! コーヒータイムにゆっくり腰を据えて聴くのに良いのでは? ただ、喘ぎ声が少しどころか 大分恥ずかしいのは否めません 笑

ああVanity6…

いきなり久々長尺ファンクで始まるこの作品、頭はムチャムチャかっこええ、と唸らされたが、進むにつれて感動も薄まった。ワーナーとの確執や思ったほど評価の上がらない状態にどっぷりはまっちゃったような気もする。
ほんとはもっといい曲あるんじゃない?と勘ぐりたくもなる。あえてそれを出さないのか、それともこれが精一杯なのかな?それともオレってファン失格?ううむ、Orgasmねえ…何もPrivateJoyのギターそのまんま使わんでもええやろ、と言いたくなるけど投げやり作だからまあいいか。
でも90年代に入ってから一番聞けた作品ではある。

ケンツ軍曹

このアルバム大好きです。音の印象がこの時期のほかのアルバムと違うのはシンセサイザーがあまり(ほとんど?)なってい無いからだと思うのですが。
このアルバムのホーンとオルガンの使い方にはしびれました。殿下独特の毒のある華やかさ(好きになるとこれがたまらないんですが)が比較的薄いので一番最初にプリンスを好きになったアルバムでした。

スメグマ

彼の90年代の作品の中では最良だと思う。斬新なものこそないが、そこがいいと思う。
90年代の彼の個性がどこにあるのか私には分からない。シーンに迎合していたのは別に良いがテンパりすぎていて疲れてしまう。この作品にはそういったものがない。(多少の味付けはあるが)オーソドックスな作風になっていている。
聴く方からすればコチラの方が有り難い。

ポン

地味ですが意外とツボを押さえたアルバムだと感じます。
ここで使われているモノクロのアートワークと実によく合っているアルバムと思います。プリンスはそこまで計算に入れてそうですね。

mune

Comeは10分以上あるプログレ(?)な曲であるが、全く苦痛でない。むしろ、何かエネルギーをためて、ためて…イッキにそれを最後にそれを放出するような感じがする。
曲の最後は解放感に満ちあふれている。まあComeということなんでしょう…(以下省略)
このアルバムは彼のエロネタだけでなく、社会的内容の曲も多く含まれている。恐らく、レコード会社との確執もあり、自ら奴隷と名乗るなど過去の経験や今なお変わらない状況など彼のシビアな心境が表れている。
過去の曲の寄せ集めっぽいが、入るべくして入った曲が揃っていると思う。カァムゥー!

やまん

これは、正直言ってとっつきにくい作品でしたね。
しかし、それゆえになのかどうか解りませんが、いい部分が見えてくるとたまらない逸品ですね。
SPACE がとっかかりでしたが、今では ORGASUM 以外は全部大音量できけますね。(笑)

ユタカ

収録曲から見て、間違い無く「ゴールド~」と同時に制作されてます。
意図的でしょうが、全体的になんか暗い感じです。
評論家は「密室性が復活した」と言ってましたが、僕はピンと来ませんでした。
ビデオ「ビューティフル・エクスペリエンス」は好きでよく見ます。

NAGITAKU

この頃は、オフィシャルより、ブートに凝ってましたから、発売前からほとんどの音源は、持ってました。
ただ、COMEが、11分近くあるとは、驚きでした。そう言えば、雑誌とかは、やけに誉めてましたこのアルバム