NPG Prince Site

Black Album (ブラック・アルバム)

Released:1994/11/22 | Label: Warner Bros.

●List

  1. Le Grind (6:44)
  2. Cindy C. (6:14)
  3. Dead On It (4:37)
  4. When 2 R In Love (3:58)
  5. Bob George (5:36)
  6. Superfunkycalifragisexy (5:55)
  7. 2 Nigs United 4 West Compton (7:00)
  8. Rockhard In A Funky Place (4:30)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Written

Prince
Prince, Eric Leeds (8)

●Aditional Musician

Sheila E. (background vocals) (1) (drum) (7)
Eric Leeds (saxophone) (1,2,8)
Atlanta Bliss (trumpet) (1,2,8)
Boni Boyer (background vocals) (1)
Cat (background vocals) (1,2,7)
Susannah Melvoin (background vocals) (8)

●Sampled

"Music Is the Key (House Key)" by J.M. Silk ('85) (2)


本来は「Sign O' The Times」の次のアルバムとして'87年12月にリリースされるはずだった本作は、なんとリリース1週間前で取り止められ、当時最も有名なブートレグとなりました。その代わりに発表されたのが「Lovesexy」という事になります。
そして7年後の'94年12月に限定盤としてワーナーから正式にリリースされました。

この騒動の原因は諸説色々あります。リリースのタイミングをワーナー側が図った説、内容に納得できなかった殿下のワガママ....。一般的には後者の説が有力な見方が多いです。以前何かの記事で読んだ殿下のインタビューで「あの作曲活動をしていた頃、怒りの感情が強かった。」と述べていたのを記憶しています。つまりこのアルバムをリリースしてしまうと自分の負のイメージが出てしまうのを恐れ”封印”したかった為の処置と考えられます。

個人的にもプリンスの言う通り、このアルバムを当時最高傑作と称される「Sign O' The Times」の次に出さなかった判断は正しかったかもしれません。
Lovesexy」に収録された"When 2 R In Love"はともかく、"Le Grind"ではメロディ・ラインが殆どなくコーラスとかで飾ったジャム・ソングっぽいですし、シンディ・クロフォードの事を歌ったと思われる"Cindy C."では捻りのないストレートなファンク・ナンバー、"Dead On It"ではラップを披露してるが効果的に働いていません。
まぁ、ラップに関しては得意でない事が自分でも判ってかNPGでは専属ラッパーをメンバーに入れましたけどネ。
歌詞を取ってみても、前述の殿下のコメント通り、"Bob George"や"Dead On It"にしてもに、いつもならプリンス流の風刺を利かせたセリフがなく、インパクトにかける気がします。

かといってこれが駄作であるかと言えば密室感といい当時プリンスが持っていたエネルギーが溢れたアルバムだと思います。
もしこれがリリースされ「Lovesexy」が未発表だったらと思うと当時の状況は違った形になったかもしれませんね。
そういう"if"を話すのにも面白いアルバムです。


Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

ああVanity6…

音のいいブートを見るや買い漁っていた金のない高校時代、このアルバムにいくら金をはたいたことか。それがあっさり発売されたころにはプリンス熱はだいぶ下がってしまっていたうえに音のスバラシィブートCDを持ちつつそれでもやっぱり買ってしまったファンの性…。うまい商売やりまんな、殿下(ワーナーか?)。
これも迷いつつある時期のもどかしさの残る作品とはいえ、世間体気にしてなさそうなだけに個人的には好きな作品。頭の2曲はかなり好き。これとLovesexyと足して2で割ったほうがもっと強力かつわけのわからない作品になったような気がするのでそこが惜しい。聖と性、善と悪は切り離さずに混在させるほうがより普遍的かつ必然だと思うんだけどなあ。
それにしても発売のタイミングがずれっぱなしのアルバムだ。かなりいいのにもったいない。これが発売中止になったとき、なぜかBeatlesのLetItBeとAbbeyRoadの関係を思い出し、嫌な胸騒ぎを感じたことがあったっけ。
前にWhiteAlbum的なSign出してるじゃん、なんて思っちゃって。ま、こんなのコジツケといわれればそれまでですが。でも2NigsUnited4WestComptonはタイトルからして黒人層の評価を気にし始めたことがわかると思いません?NWAとか聴いてたのかな?

PRINCE CONTROL

'87年から'88年の頃のことです。恐らくここにカキコされる方の中には僕と同じ経験をした方がたくさんいると思います。
ブラックアルバムのブートレッグの最も良い音の物を探すという経験そしてお金を湯水の如く使ってしまったという経験。(いないかな?(^^ゞ)
ブラックアルバムの発売告知が出ていた頃、つまり1987年の冬、ブラックアルバムについての詳しい曲解説の記事を読んだのです。
ちょうどその頃(高校一年の頃)にロッキングオンを読み始めていて、お店の広告に「ブラックアルバム」の文字があったのです。即電話しました・・・が売り切れ。うーんこれは現地調達しかないなということで西新宿へ・・・。
しかしおおげさではなくこのアルバム、ブートレッグが出たばかりの頃は本当に品薄状態でしたね。結局お目当ての3800円のLPは買えず、500円でその店で録ったというカセットをしぶしぶ買って帰りました。
そうしてその年の暮れから次の年の初めまで、ブラックアルバム探索をしました。
ざっと計4つのアイテム(少ないかな?)を買った所で「ラブセクシー」が発売されたので、興味はそっちへ、あの情熱はどこへ?という感じでブラックアルバム探求は終了したわけです。
でも'94年にまさか正式に発売になるとは・・・ちょっとショックでしたが、まあ綺麗な音で聞ける幸せに比べたらそんなのはまあ・・・いや正直納得するまで時間かかりました。
このアルバムは本当にクオリティ高いし、未だに古さを感じません。そして当時「ファンクバイブル」という仮題がついていたのも納得できるほどヘヴィファンクしてますね。
そして現在、オフィシャル盤も結局3枚所有してしまった懲りない自分でした。
(この倍程の長文だったので一部割愛しました、PRINCE CONTROLさんごめんなさい!)

mune

プリンスは天才と言われてますが、このアルバムはけっこう凡人って感じがしてます。すごく狙いが絞られているし、こうゆう感じの曲を作ってやるって言う意図がよく見える作品だなと思うから。彼にとっては世間の言う彼の名盤よりもなんだか生みの苦労みたいなのがあったのでは?と感じます。技術的というより精神的な部分で。
本当はあからさまにこのアルバムのようなスタイルでいけばもっと理解されるのにぃーみたいな。だけど僕にはもっといろんな要素があってそれをないがしろに出来ないーみたいな苦悩が。そうゆう部分の彼が僕は好き。天才よりも…

五右衛門

JAMな曲調がかなりGOODだと思いますーやはりこういうJAMなのは殿下の得意技でないかと・・
黒一色のジャケットからもセンスがあふれ出てますねー
CDを再生中に曲名が見れないのが痛いですが・・

ピーポー

“Le grind”が最高!歌えるぐらい聴きまくったぜ。
あたま3曲のカッコよさに、オシッコちびりまくり!

35

最もジャケ手抜きなアルバムです。DISCの他には、黒い紙が一枚。「殿下の事だから、何か仕掛けが…」という淡い期待は裏切られる。この紙を陽の光に、透かしたり、傾けたりしたのは、私だけではないはず。(大恥)
が、ジャケの不満も聴き始めるまで。楽曲の方は、FUNKとラップが融合された秀作です。『2 NIGS…』のチョッパーベースソロは、かなりカッコイイですし、『SUPER…』も好きです。ただ『BOB GEORGE』だけは、聴きどころが…。
PURPLE→BLACK→GOLD「そして次は、一体何色なんだろ?」って聴きながら思う作品です。

けいすけ

始まった瞬間「おお、音がイイ~!」と感動。(←当たり前だって・・・)
限定盤なのに今でもたまに新品を見かけるのが涙を誘う。でも、自分にとってベストの正統派ファンクアルバム。
やっぱりこの人はJBになりたっかんだろうなと思わせる1枚。

NAGITAKU

これは、ブートを、持ってる人からは非難GO GOでしょう。
なんだよ!!ふざけるな!!
同じ過ちをクリスタルで、もう一回やります。この人は