NPG Prince Site

BATMAN (バットマン)

Released:1989/6/20 | Label: Warner Bros.

●List

  1. The Future (4:07)
  2. Electric Chair (4:07)
  3. The Arms Of Orion (5:02)
  4. Partyman (3:11)
  5. Vicki Waiting (4:51)
  6. Trust (4:23)
  7. Lemon Crush (4:15)
  8. Scandalous (6:14)
  9. Batdance (6:13)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Written

Prince
Prince and Sheena Easton (3)
Prince and John L. Nelson (8)

●Aditional Musician

Eric Leeds (saxophone) (6)
Atlanta Bliss (trumpet) (6)
Clare Fischer (orchestra) (1)
Sheena Easton (co-lead vocals) (3)
Sounds of Blackness (choir) (1)
Jack Nicholson (sampled vocals) (1,4,5,9)
Michael Keaton (sampled vocals) (1,4,5,9)
Kim Basinger (sampled vocals) (1,4,5,9)
Christopher Fairbank (sampled vocals) (1)
Femi Jiya (sampled vocals) (4)
Anna Fantastic (sampled vocals) (4)
Robert Wuhl (sampled vocals) (6)
Matthew Larson (sampled vocals) (9)

●Sampled

"Batman Theme" by Neal Hefti ('66) (9)
"I Wouldn't Change a Thing" by Coke Escovedo ('76) ("Batdance (The Batmix)")

「Purple Rain」以降徐々にセールスを落とし、「LOVESEXY」ではついに米国よりも英国が売上が良くなったという状況で作られた新作は、映画「バットマン」のサウンド・トラックでした。
プリンス自身が出演しないサウンド・トラックを手掛けたのは類は友を呼ぶとでもいう様な話で、監督のティム・バートンとジャック・ニコルソンがプリンスの大ファンという事で実現した様です。
プリンスも子供の頃、父親がピアノで"バットマンのテーマ"を弾いてくれた事もあったというエピソードがある位なので相思相愛という形で実現したと思います。

プリンスにとってみれば今までのアルバムは自己表現の1つの手段でしたが、このアルバムに関して言えばシナリオやイメージが最初からある為に完全に商業ベースで作る事のできるアルバムだったのでしょう。ある意味肩の力が抜けている分爽快なアルバムになっています。
"The Future"ではバットマン役のマイケル・キートンの声をサンプリングしソリッドなサウンドにしたり、"Electric Chair"や"Partyman"ではジョーカー役のジャック・ニコルソンの声をサンプリングしてファンキーなナンバーを披露したりと言うように、各キャラクターの声を自在に操り、そのテクニックを存分に発揮しています。まるで”セールス重視のアルバムなんて造作もないさ!”と言わんばかりに・・・・
特にラストの"Batdance"では、その神業とも言える程、映画の1シーンをサンプリングして曲に仕上がっています。(特にプロモーションビデオ楽しそう)

このアルバムはティム・バートンが描くダークな雰囲気と殿下の作ったサウンドが見事にマッチし、全世界で600万枚も売れるという久々の大ヒットになりました。

【おまけ】
アルバム収録の"Vicki Waiting"は当時付き合っていたアナ・ガルシア(プリンスからアナ・ファンタスティックと命名)の為に作られた曲でオリジナルは"Anna Waiting"で、"Lemon Crush"はアナが好きな飲み物でした。

【受賞】
●ASCAP Film and Television Music Awards
"Partyman":Most Performed Songs from Motion Pictures
●BRIT Awards[UK]
「Batman」:Best International Solo Artist

レビューを書く

ファム・レビュー

prnprn

バットダンスの衝撃から早20年。PVでギターを弾く殿下がカッコヨカッタ。
スキャンダラスのシングル盤が大好き。ホント1人で聞くもんだねあれは。
好きでよく聞いたアルバムなのだが、プリンスミュージックのある意味到達点としてのLOVESEXYがあった上での、このヒット作なんて朝飯前BATMAN、そして詰め込みすぎで試行錯誤のGRAFFITI BRIDGEと続いたんだなと(懐かしく)思います。
80年代の”いわゆる”神がかりプリンスはBATMANで終わったのかもしれない。でも今に至るまでずっとドキドキワクワクな存在で、プリンスってほんとうにすごいですねー。

ああVanity6…

プリン酢さんと同じく、オレもこのLPの頃にはシアトル周辺にいました。
カーラジオからBatdance聞いたときにはもう、驚きと悲しみの両方があったなあ。過激なヒット曲、という点においてはさすがと思わせるものの、なんでこれが受けるの?という悲しさが。
だって国民的アニメのサントラやらなきゃ売れてないよ、この曲。他の曲もいいんだけどねぇ…の但し書き付きです
ScandalousSexSuiteのわざとらしい展開およびギターソロは好きなんだけどね。あとPartymanもいいんだけど、Orionはないでしょ、と思った。そこまでシングルカットしないとLovesexyの不振はカバーできなかったのかな?まあ、そんなオレのたわごとなんてどーでもよくて、楽しきゃいいんだよね、実際は。

プリン酢

初めてControversyを買ってから一年、このアルバムが出た時に私はアメリカに留学中でした。当然映画も公開されシアトルの町の至る所コウモリのポスターやら何やらで埋められそのフィーバー振りはちょっと凄いモノがありました。
当然殿下のアルバムの方もヒットしてて外をあるけばどこからともなくThe FutureとかParty Manとか聞こえてくるありさま。
例のバットマンTシャツを着て買ったばかりの殿下のBATMANをウォークマンで聞きながら映画館で並んでいた時に、私を見た一人のでっかい黒人さんが「オーゥ!バァーットマァーーン!」とか絶叫しながら抱き着いてきた時には恐怖で失禁しそうでした。
Scandalousはいまだに名曲だと思うのですがやっぱり親の前では聴けません。

NAGITAKU

ここから、リアルタイムでのPRINCE、噂では、BATMANに殿下がチョイでてる。らしい??
パーティーシーンで出てるらしい???って聞いたけど、たぶん嘘。あと、このレコーディングが延びてしまい小比類かほるのレコーディングも遅れたんだって。
アルバム全体として、上手くまとまってる感じで、いまでもよく聴きます。でも、当時BATMANのTシャツ流行ったよね?みんな着てたよ。黒に黄色いロゴあと帽子も

白熊

私もとんねるずの「バッとダンス」みてました。
所々パロディーが入ってるとはいえ、ビデオクリップほぼ完コピは本当に衝撃的でしたね。
その次の日にはレンタル屋へ早速向かった中1の青春。

666

ぜーーーったいイイ!!
一体どこが悪いのさ!?

PRINCE CONTROL

当時、バットマンの撮影現場で見学していたプリンスは「音楽が聞こえる」と言って突然スタジオに戻って行ったという話をどこかの雑誌で読みました。
最初聞いたときのお気に入りは"BATDANCE", "ELECTRIC CHAIR", "LEMON CRUSH", "THE FUTURE"でした。当時の自分はプリンスのラディカルな面ばかりを追いかけていたので、やはり聞いた瞬間に電流が走るような感覚に陥る曲が好きでした。
"PARTY MAN"はキャンディ・ダルファーとのヴァージョン(VIDEO MIX)を聞いて以来、好きになりました。でも今聞くとポップな物("THE ARMS OF ORION","VIKKI WAITING", "TRUST")もいいですね。
"SCANDALOUS"の12インチのキム・ベイシンガーはやだなと思うのは僕だけでしょうか?
プリンス久し振りの全米一位アルバム。ラブセクシーツアーの借金帳消しアルバム。
でも一人のアーティストがこれだけの規模の大きい映画のサントラを手がけて、しかもこのクオリティ・・・プリンスの怪物ぶりをまざまざと見せつけられた気がします。(確かこのあと真似かどうか定かでありませんが、マドンナが「ディック・トレイシー」で同じことをやっていましたね。こうした流れを作るという力もあの頃のプリンスにはあったのですね。)

Batmate

「BATDANCE」確かにいいですね。
この曲の思い出といったら、映画ではなく「とんねるずのみなさんのおかげです」で石橋のホモ男役でこのPVをアレンジしてたとこ。
「ねぇさんは区役所に行きました。」という訳わからんコメントもおもしろかったなぁ。
当時、中学生だった僕はレンタルで初めてプリンスのCDを貸りたんです。そう言った意味ではプリンスとの出会いを与えてくれた?石橋貴明には感謝してます。(笑)


「ゴールドっていいよね会」(モロ私設)会長のマッサージ係という肩書きを持ちながら「バットマンもいいよね会」の創設を影で企らんでしまうほどいい!
他のことしながら聴くとき専用盤だけどイイ!(会長の怒りが恐くてこんな扱いにしてゴメン)

tom

実はプリンスにはまったのはこのアルバムから.
“バットダンス”が一番のお気に入りなんだけど,“Vikki Waiting”や“The Electric Chair”も好き.というか,どの曲も好き.
いろんなところで書かれているけど,一番アルバム作りを楽しんでいる雰囲気がある一枚.
“バットダンス”は,アルバム収録曲のおいしいところをすべて盛り込んだ傑作だと思います.