NPG Prince Site

Around The World In A Day (アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ)

Released:1985/4/22 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

●List

  1. Around The World In A Day (3:25)
  2. Paisley Park (4:41)
  3. Condition Of The Heart (6:46)
  4. Raspberry Beret (3:31)
  5. Tamborine (2:46)
  6. America (3:40)
  7. Pop Life (3:42)
  8. The Ladder (5:26)
  9. Temptation (8:17)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Written

Prince
David Coleman,J.L.Nelson and Prince (1)
J.L.Nelson and Prince (8)

●Member

Wendy Melvoin (guitars and vocals)
Lisa Coleman (keyboards and vocals)
Bobby Z. (drums and percussion)
Brown Mark (bass and vocals)
Matt Fink (Dr.Fink) (keyboards and vocals)

●Aditional Musician

David Coleman (cello, fingercymbals, darbuka and background vocals) (1) (cello) (4,8)
Jonathan Melvoin (tamborine, background vocals) (1,7)
Susannah Melvoin (background vocals) (1,2,8)
Novi Novog (violin) (2,4)
Brad Marsh (tamborine) (6)
Sheila E. (drums) (7)
Eddie M. (saxophone) (8,9)
Suzie Katayama (cello) (4,8)
Sid Page (violin) (8)
Marcy Dicterow-Vaj (violin) (8)
Denyse Buffum (viola) (8)
Laury Woods (viola) (8)
Tim Barr (bass) (8)
Annette Atkinson (bass) (8)
Taja Sevelle (background vocals) (8)


前作「Purple Rain」とほぼ同時期に制作されたと言われるこの作品は、適切かどうかは別にして”プリンス版「サージェント・ペッパーズ」”と言われる程異彩を放つ1枚です。

誰もがあれだけ大ヒットした前作の延長線上をリリースするだろうと予測していたにも関わらず、蓋を開ければ当時LAで流行りつつあった60年代のサイケデリック・ロックに影響を受けた”ペイズリー・アンダーグラウンド”を取り入れたまったく別のサウンドのオンパレードです。
その当時の本人のコメントでは、”「Purple Rain」のキーを変えてるだけの音楽がどれだけ簡単に作れるか判るかい?僕は同じような作品は2度作りたくないんだ。”と言ってたと思います。確かにこれまでリリースされたアルバムも違ってはいましたが、これ程の差のあるアルバムは当時衝撃を与えたと思います。

作詞に関しては以前の様にセックス・アピールの強い作品は殆どなく、より精神的なものに変わっています。サウンド面においては、ブラック・ミュージックは薄れ、エキゾチックな楽器を取り入れ新しいポップ・サウンドを展開しています。
顕著に表れてるのが、1曲目の"Around The World In A Day"で、いきなり中近東辺りにでも連れて行かれそうな感覚になります。これ以降の曲もサイケっぽいサウンドが盛りだくさんで、とてもブラック・ミュージシャンが作ったアルバムとは思えません。にも関わらず”紫色の香り”がするところ等は”流石!”と言ってしまいたくなります。
この作品もいわゆる「Purple Rain2」を期待してた人は失望した人も多かった様で、かなり酷評されていました。しかしその後時間が経つにつれて支持され、全米ではアルバム・チャート1位、英国では第5位までのまずます成功を収めました。

個人的には、このアルバム以降、殿下はセールスやチャートとかいう商業的な事よりも、”今度はこんなの作ったんだよ。聴いてみるかい!”って感じでファンと1対1のコミニュケーションの手段としてのアルバムを作り始めた最初のアルバムの様な感じます。
ちなみにこの作品は、プリンスのレーベル「ペイズリー・パーク」からの第1作目としても記念すべき1枚です。

【おまけ】
"Raspberry Beret"のMVでベレー帽を被った女性は女優のジャッキー・スワンソン(Jackie Swanson)です。


Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

かとちん

サイケデリックポップロックの金字塔。ラズベリーベレーやポップライフ、アメリカなどの12インチのシングルカットも最高。

竜太

一番好きなアルバムだし最高傑作だと思います。特にペイズリーパークがいい。ここまでいいアルバムはまだ誰も作ってない気がする(僕が聞いた中では)。

kazu

前作で殿下を知りましたが、貧乏学生だった故にLPレコードなんか買えませんよ。TVのMTVとかベストヒットUSAで「RASPBERRY BERET」「AMERICA」を知る。数年後、CDで本作を手に入れ、「Condition Of the Heart」の美しさに浸り「Tamborine」を♪ちゃっぷりん~っと聴き間違えて唄ってた10代後半。

コエルモン

曲の途中で気づいたら曲調が変わってる『Around the world in a day』・・すごく感動しました・・
全体的に爽やかな感じが好きです。

ああVanity6…

社会的地位を確固たるものにしたプリンスのその後の快進撃が始まる作品。新作が出るという時のニュースに興奮したことを昨日のように思い出す。しかし聞いたとたん、なんじゃこりゃ?心を開放すればすぐに引きずり込まれてたけど。
でもこれ、サイケと言うにはまともすぎかな?ベストトラックはTambourine。まさに貴公子ビート炸裂のエッチなファンキーダンサーだ(しかし踊りにくい)。あっという間に終わる分「う~ん、もっと~」と言わせるように出来てやがる。
蛇足ながら、その反対にAmericaの12インチはダラダラノリノリで意味のわからない22分弱の長さがまたいいんだよな。プリンス初期のロングバージョンはぜひ正規CD化して欲しい。ちなみにたいていの長尺版はエッチな歌詞が増えてて◎。「15分しか持たないの?」「お~っ、そぉ~たいとっ!」。すいません、ここの趣旨外れてました(笑)。

pshelex luevox

近未来都市プリンスシティーといった感じか。ヨーロピアンプログレ的な近未来観とは一線を画している。これは彼の意識の中に存在する信仰と罪悪をペイズリーパークという桃源卿に彼一流の音楽的才能と宗教観によって描かれている。神聖であるが同時に符合できない背徳性を秘めている。
ロックとファンクの間での明らな価値倒錯。伝統と逸脱と言えば身もふたもないが、この作品は人種的、性的、宗教的アイデンティーの受難を大衆に対して表明している。パープルレインはこの作品を発表するために同時期に意図して作られたに違いない。

doo

POP LIFEが最高!!アルバム発売から数年後、突如頭の中に流れてきたこのメロディー…
皆さん、今一度聞いてみてください。

dennka

PRINCEの中ではベストに近い、そして完成度の高いアルバムと称してます。どこか、70年代のサイケ音楽の臭いがしますが、このアルバムを聞いたとき、PRINCE求める音楽像を垣間見た気がします。
空前の大ヒットアルバムの次作ということで厳しく評価されてますが、あえてここにチャレンジしたPRINCEに感動しました。最初のシングルも前評判の高い「ペイズリーパーク」を外したところに彼のクオリティーの高さを感じます。今尚、彼を殿下と崇拝する私のベストアルバムです。

sanpon

このアルバムはプリンスの作品の中でもかなりワン&オンリーなものだと思います。
私としては当時リリースされたシングル4枚(ラズベリーベレーを除く)についてマニアの方もあまり触れられていないので色々な意見を聞きたいものです。特にペイズリーパークはタイトル曲とともにその後、クリストファートレーシーやLOVESEXYに繋がっていく序章に聞こえます。
あとアメリカもカッコイイですね。特にプロモーションヴィデオのバージョンはロックファンにはLet's Go Crazyとともにアグレッシブの一言です。あの時の撮影のライヴでは他の曲も演奏されたのでしょうか?誰か知っていたら投稿してください。
とにかくプリンスの中でも異質、また他のメンバーの音楽的な要素が面白い形で科学反応した作品だと思います。

とりっきぃ

針を落とすとやがて聞こえてくるイントロ…。いつでもよみがえってくる15年前の9/6大阪・オープニング。
あ、目の前で踊ってるのがわかる…。絶対そうだ。あ、スポットライトが点いた。やっぱりいる!いるよ、そこに!あ、涙が…。今またウルウル。
いかん、アルバムの話からはずれてしまった。「サージェントペパーズ…」って形容があったけど、他のファンとか信者なりと共有するものではないところが異質。
このアルバムまでは間違いなくそういう世界だった。

ポン

あの世界的大ヒットアルバム「パープルレイン」の次に出まして家の近所のレコード屋にLPを買いに行った覚えがあります。
初めて聞いた時とても取っ付きにくく「パープル・・・」とは全然違う世界があり、まだ洋楽をあまり知らなかった自分には理解するまでにかなり時間が掛かりました。
今になってわかる部分がたくさんあります。プリンス流のサイケデリックな音世界・・・。
この頃のプリンスは数々の実験を密室でしていて他人を寄せ付けない前衛的だけどポップミュージックとして成り立つベットルームミュージックを作っていたと感じます。紫色のシーツの上で・・・。
でもこの頃のプリンスのバックの一員として在籍していたウェンディ&リサの存在ってかなりのものだったと感じませんか?
彼女たちが抜けてからのプリンスの音楽って魅力に欠けてしまった事も確かと思います。

eazy

「パープル・レイン」の後すぐ出たでしょ。だから出だしのエスニックぽさ(?)というかサイケさ(?)に、ほんとひっくり返りましたね。
その裏切られ方が「うひゃぁー!」って感じですごく気持ち良かった。プリンスというアーチストにものすごく好奇心を魅かれると同時に、どうしようもなく虜になってしまいましたね。
一番好きな曲は「RASPBERRY BERET」。PVもプリンスがとってもキュートで、かわいいんだよね。最初に咳払いとかしちゃって。
とてもポップでかわいい曲でありながら、すんげえエッチっつーのがたまりませんでした。
「ラズベリー色のベレー帽」!こいつはほんとスケベで、でもほんとにリリックの天才だと思いましたね。
プリンスのアルバムの中では、僕が一番ショックを受けたアルバムです。

元カオル

「このアルバムから皆を殿下の虜にしよう!」作戦を実行し友達が来るたび結構聴かせていますが僕の「いーだろ!さあ、これ誰?って聞ーてこい」って感じの目が彼らのプライドにふれるのか、彼らは素直になれぬまま...
しかし街でふいにA君が無意識に口ずさんだ「Pop Life」のサビ!「しまった!」と振り向くその動揺を僕は見逃さなかった。
「二十数回聴かせてやっとおちやがったか、しぶといヤローだったぜ」
それと比較的素直なK君が「AMERICA」を聴いてるとき「米国はカッコいい国歌でいいよなー」の一言が忘れられません。

35

殿下のアルバムの中でも、お気にいりの作品ですね。POP色が強いので、熱狂的ファン層には、多少物足りないかも知れません。でも私には、このぐらいが合ってるんです。
以前TVで、ジュディマリのユキちゃんが、影響を受けた曲として、『Pop Life』を挙げてたんですが、その時「あなた、分かってる。」とエラそうに、心の中で叫んでいました。でもホントに名曲だから。
4年前、購入して聞きまくってたある日、訪れた友人が「このジャケ、収録曲がデザインされてんだよ。ファンのくせに、知らないの?」私の一生で、一番傷ついた瞬間。決して忘れません。

mune

キレイなジャケット。あー素敵、ステキ!あーアナザーワールドに連れてかれそう!ドラエもんのドコでもドアとタイムマシーンなんていらないよーだ!サイケ世界への扉はこのアルバムからはじまるだぞー。
このアルバムをコーンフレークの上に腰掛けて聞けば、君は僕、僕は彼、彼は彼女って気分になるんだぞー。

さとさん

この頃おいらはDisco全盛期。よくAmericaをリクエストしまくって踊ってました(笑)。
当時は評判よろしくなかったですが、おいらは文句なしに好きでした。

ユタカ

僕が殿下を崇拝し始めた、記念すべきアルバム。
「パープルレイン」のコマーシャル性は影を潜めて、よりラディカルに。初めて「Pop Life」を聴いたときの感動は忘れられない。
この頃のアルバムって、いかにも80年代って感じでちょっと前まで完全に今の時代とかけ離れた感じだったけど、今聴くと逆に新鮮。又時代は巡ってきたかも。

tommy

タイトルトラックが一番好き.特に終盤近くの一発だけのスネア・ドラムの音.このスネアのおかげでアルバム全体が好きになりました.
しかもバスドラのパターンが,最初と終わりで変わってるんですね.なんと言う曲作りの上手さなんだろう!と,感動した覚えがあります.
最近ではパープルレインより好きかもしれません.