NPG Prince Site

1999 (1999)

Released:1982/10/27 | Label: Warner Bros.

●List

  1. 1999 (6:22)
  2. Little Red Corvette (4:58)
  3. Delirious (3:56)
  4. Let's Pretend We're Married (7:20)
  5. D.M.S.R. (8:15)
  6. Automatic (9:27)
  7. Something In The Water (Does Not Compute) (4:00)
  8. Free (5:08)
  9. Lady Cab Driver (8:25)
  10. All The Critics Love U In New York (5:55)
  11. International Lover (6:37)
●Produce,Arranged,Composed

Prince

●Aditional Musician

Wendy Melvoin (background vocals) (8)
Lisa Coleman (background vocals) (1,2,3,5,6,8)
Dez Dickerson (guitar) (background vocals) (1,2)
Brown Mark (background vocals) (5)
Jill Jones (background vocals) (1,6,8,9)
Jamie Shoop (background vocals) (5)
Carol McGovney (background vocals) (5)
Peggy McCreary (background vocals) (5)
Poochie (background vocals) (5)
The Count (background vocals) (5)


プリンスにとって初の2枚組のアナログ盤です。
当時は英国以外では2枚組みとして発売されましたが、英国では5,9,10,11をカットしたシングル・アルバムとしてリリースしています。
(その後完全版が再リリースされました。)

今作での特徴は短期間でありながら、4作で実験してきたサウンドを消化し、よりクオリティが高く仕上げています。
殆どの曲が6~8分という長い曲にも関わらず違和感を感じさせない、かなり練られた楽曲になってます。
今作から自宅スタジオの設備も充実し、タイトル・ソングの"1999"ではプリンス(中音)、デズ(低音)、リサ(高音)の声をそれぞれハモりながら録音し、それをパート毎に上手く繋げたりしています。この曲はライブで常に1曲目に演奏される程ノリのいい歌です。(そして1999年にNew Masterとして復活しました!)
また、今でも殿下の調子が良ければ演奏してくれるピカイチの名曲”Little Red Corvette"も収録されています。
他にも軽快なロック・ソングの"Delirious"や、名曲"Purple Rain"の原形とも取れるセクシーなバラードの"Free"、"Something In The Water"や"Automatic"ではプログレッシブなサウンドでは以前よりも確実に安定したサウンドを作っています。

"1999"のビデオ・クリップは、当時白人アーティストしか放映しなかった「MTV」で流された事によって全米での地位を確立し、英国ではTOP40にランキングされるという快挙になった記念すべきアルバムでもあります。


Cover Sample

レビューを書く

ファム・レビュー

いちょ

正直Controversyと悩みますがやはり1999が魅惑的かな
時系列的にはControversyから聴き始め、1999、パープルレインから初期へと遡り、アラウンドでコケた口です。

当時あの近未来観と、未来は明るいと予感させるような感覚をリアルタイムで体験出来て良かった!
あの当時の他のロックとはかなり種異質で宗教音楽のような導きさえ感じました。
世紀末を過ぎ1999未来の夢だったはずが、遠い過去に成りつつある事に動揺をしてしまいますが あの頃のムードとアルバムの思想と成り立ちグルーブ感 全てを含めて神業です。
sin O Time等も素晴らしいですが、1999には及ばない気がします。

ああVanity6…

ううむ、私の永遠のベスト作(プリちゃんごめん)。これはもう、俺の無人島ディスクの1枚に決まりなのだ。
必ず飛行機に乗る前に聞くという儀式の一部になってます。これ聞いた後なら飛行機落ちて死んでもいいという理由でね。
それにこれ聞けば殿下の操縦するSeduction747にも乗れるし。「当機は貴方の体が望むものは全て装備しております」なんて、一人で録音してて恥ずかしくないのかっ!とツッコミたくもなる。
同じように珠玉の名曲Corvettた分、その後への持続性は衰えない、末恐ろしいアルバムだ!
ちなみになんで「夫婦のように」はシングルカットの際に「夜のプリテンダー」に改題されたんでしょう?このシングルはB面が「あきれた売女」という強力盤だけど、「夫婦のつもりでいいことしようぜ…」という日本盤シングルのコピーもさらに強力だ!
「本物の女はプリンスに感じちゃう」とかいうのもあったっけ(笑)。スバラシィ。

トニー

私に影響を与えた大作。

666

このアルバムは多分一生聞きます。

プリン酢

私が3枚目に買ったアルバムがコレです。今思い出しましたが裏ジャケで殿下が半プリケツ出してうつ伏せに寝てましたね。
1999がスピーカーから聞こえてきたときは失禁するかと思いました。かっこいい!
でもやっぱりライブで聴く方がアップテンポで数倍かっこいい!!
高1の美術の授業で図案をデザインして提出しなければならなかった時、アイデアが浮かばなかった私はこのアルバムのジャケをパクる事を思いつき、紙一面に紫と白を混ぜたものを塗りたくり、白で斑点をけ、適当にデザインした1999の文字を入れなんとか提出したところそれが市の美術展に出品されることになってしまい冷や汗をかいたのも今では懐かしい思い出です。

イジイジ

リアルタイムではありませんが、私がプリンスの音楽を聴き始めるきっかけとなったアルバムです。
2001年の初旬頃にスカイパーフェクTVで放送されていた「ブレイクタイム」なるプログラムにおいて、82年を代表するサウンドとして紹介されていたのが本作のタイトル曲・「1999」でした。なんというか、それを聴いた瞬間に運命めいたものを感じたんですよね。頭にピーンときました。
「これだな!」って。早速レンタルCD屋に直行。気を遣わずに無我夢中でひたすらに楽しめる名作だと思いますし、CDを買い揃えた今の私にとっては最も好きなプリンスのアルバムでもあります。とにかくタイトル曲が好きです。(いい加減しつこいですね)完全KOされたまま未だに起き上がってこれません。

竜太

このアルバムはとても良くできた傑作だと思うけどアルバムよりもライブのほうが迫力があっていい。
とくにlady cab driverと1999がライブだと素晴らしい!でもコルベットだけは後のライブでもたくさん演奏されてるけどスタジオ版が一番だとおもいます。

ひろピン

「Little Red Corvette」の影響で今も「CORVETTE」(アメ車)が大好き。
いずれはオーナーになってやる!
スティングレーのあの曲線はたまらない。

eazy

なんといっても「1999」、そして「Little Red Corvette」!
「1999」のリサ、デズ(日章旗の鉢巻き!)、んでプリンス!って入ってくる冒頭にシビれまくり。なんど聴いても興奮する。「おー来るぞ来るぞ!」って。
「Little Red Corvette」は殿下の曲の中でいちばん好き。もーあのイントロ聴くだけで……!
なんか殿下自身の興奮が伝わってくるような曲なんですよね。
「うわおおお、みんなぁ、オレこんなスゲエ曲つくっちゃったよぉお!」って感じ(笑)。
確かにこの後も名曲・名盤は多いですが、プリンス自身のテンションがいちばん高かったのはこのアルバムじゃないかなと思います。
「やったぁぁあ!」っていう、作り手のドキドキ感がいちばんよく出てるんじゃないかな、と。
僕が初めてプリンスを見たのも、当時「ベストヒットUSA」って番組で流された「Little Red Corvette」のPVでしたが、初めて買ったアルバムは「Purple Rain」。「1999」は、その後「PARRADE」が自分的にはイマイチだったんで、さかのぼって買った2枚組アルバム。
今となっては、頭より身体が先、って感じのノリノリ(笑)の元気よさが泣けます。

おかぷん

これは、はずせませんね。「LITTLE RED CORVETTE」を聞くと泣けます。
Pの歌詞はひねくれているのと同時に他の人にはない表現力で他人と同じになろうとしたくない私を引き込みますが、歌詞は歌詞でいいのですが、曲がいい。
Pの中では一番好きな曲かもしれません。一番はほんとは決まられないのですが。
アルバムとしては、大成功でしょうね、これは。

mino

Lady Cab Driver好きです。単純な繰り返し(リズム)にも信念のようなものが感じられます。この頃からPVが出てきていますね。
映像としてはとんでもないセンスのもありますけど、PVは10年あまり前にSony MTVで特集したのを録画してあり、今でも宝物にしています。3倍モードなんですけど。

ユタカ

アナログでは2枚組だったにも関わらず、全11曲とはこれいかに(笑)
このアルバムでは、同じリズムパターンの上で、どれだけバリエーションに富んだグル―ヴを作り出せるか、というこの頃の本領を見れる。平均1曲6分という長さにも関わらず、一気に聴かせてしまうのはそのためだと思う。
お気に入りは想像力をかき立てて、ついでに○○○も立ってしまう(苦笑)「レディ・キャヴ・ドライヴァー」で決まり!!

maki

アルバムからの先行シングルだったタイトル曲を聴いたときは、かなりポップになったなーと思いました。またPVを観たときは、それまで何でも一人でこなすマルチ・ミュージシャンとして認識していたプリンスが、バンドとしての音を追求するようになったのだなと感じました。
このアルバムからはシングルヒットが続々と生まれ、プリンスも広く名前を知られるようになり、人前でファンであることを公表しても、周りの反応がそれまでの「え~?」から「ほーっ!」に変わったような気がしました。(笑)
"Little Red Corvette"は、いまでもMy No.1 Favorite Singleです。

さとさん

名曲多いっすよねーこのアルバム。
この頃のヘビーな殿下が好きなおいらはあえてあげるならAutomaticです。
これもPVが・・・
なんとかしてこの頃のPV入手できないかなー!